2019年08月20日

なぜ会話が成立しないのか?

何度も何度も、同じことについて
話し合いをしているにも関わらず
どうやっても会話が成立せず
解決できないケースがあります。

発達障害傾向を持つ人たちは
【同じことを繰り返し話す】
という「あるある」があります。

言い続けていれば分かるだろう、
こう言えば伝わるはずだという
思い込みだけではなく
【他の言葉が見つからず】
同じ文章をくり返してしまうことも
考えられます。

また、
【言葉足らずな部分も多く】
当人はそれを理解できていません。

仮に、その会話を録音して聞いても
当人は自分の言い分が
成立していると思う場合もありますが
相手にとっては
何を言っているか分かりません。
gahag-0099384399-1.png
イメージとしては
1から5と順に沿って話すことで
会話が成立するのに
発達障害特性を持つ人では
2がなかったり4が抜けたりで
【補足説明、事前情報がない】ことに
気付くことができないのです。

だから録音会話を聞いた時に
会話に抜けがあったとしても
当事者の【頭の中にはあるため】
その文章は成立することになります。

文章の組み立てが苦手な彼らは
自分の中には正確な情報があっても
【正しくアウトプットできなくて】
コミュニケーションが上手くとれず
苦しんでいる可能性があります。

こういった場合には
【何が足りていないのか】
当事者に対応している人が
ハッキリと指摘しましょう。
ひと通り話を聞いてから
【一つずつ質問し】
抜けを埋めていく感じです。

対応する側の人は
当事者の話す内容を
そのままそっくり受け止めず
・言葉選びに間違いがある
・抜けがある
・余計な情報がある
といった前提を踏まえて
話を聞くようにしてみてください。

何度も繰り返すことは
お互い疲弊することではありますが
大切な内容の話し合いであれば
しっかりと【時間を確保して】
話し合ってみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 07:52| Comment(0) | 発達障害

2019年08月17日

アバウトな言い方に戸惑う

発達障害傾向を持つ人は
アバウトな言い方に戸惑います。

子どもの頃には親から、
大人になると職場などで
・ちゃんとしなさい
・良い人になりなさい
・イヤがることはしない
このようなことを言われても
それが【具体的でないと】
結局また同じことをくり返したり
失敗したりしてしまいます。

数学のように
答えが一つの時は迷わなくても
答えが複数の場合には
私たちも戸惑いますよね。

そのとき、何となくで
「これかな…」という回答を
選んでいるだけなのですが
当事者たちは
全く思い浮かばなかったり
【真逆の選択】
してしまうこともあるでしょう。

ある方の言葉をお借りして
例えてみますが
その方は子どもに「人に優しくね」と
小さい頃から言い聞かせていたそうです。

そこで疑問が浮かびました。
【人に優しくとは
   どういうことか?】

・困っていたら助ける
・良いところを褒める
・話を聴いてあげる
394-peoples-free.jpg
これらは【想像の領域で】
想像すらできない人には
すぐに答えられないでしょう。

それから、経験を積み重ねて
人に優しくできたとして、
加減の分からない彼らは
【先回りして助ければ】
もっと人に優しくできたと
誤解してしまうでしょう。

こういうアバウトなことって
みんな「だいたい」で
やり過ごしてきているのですが
【マニュアルさえあれば】
当事者にも実現可能です。

「イヤがること」に関しても
自分がされて嫌だとしても
相手がそうとは限りません。
嫌がることさえされないくらい
人間関係が希薄なら
どんなことが嫌なのかすら
想像できません。

まとめますと、
私たちが当たり前のように
会話で使っている言葉には
アバウトな言い回しばかりです。

発達障害傾向を持つ人に
正しく伝えたいときは
【はっきりと具体的に】
伝えるように心掛けましょう。
posted by whereabouts長谷 at 06:50| Comment(0) | 発達障害

2019年08月15日

自己管理が苦手

あるお客様との話の中で
出てきたことをご紹介します。

発達障害傾向を持つ人たちは
【行動の切り替えが苦手】
・いつまで続けるのか
・いつやめるのか
・どのくらいでいいのか
などがハッキリしないまま
同じ行動を続けてしまうことがあります。

その対象が好きなもので
過集中などによって継続するのではなく
【惰性で続けてしまう】感じです。

それで、
私は会社員ではありませんから
働く時間が決まっていません。
休日設定も休憩時間も
開始時間も終了時間も
全て自分で決定しています。

発達障害傾向の人たちは
【計画を立てることが苦手】
私と同じような働き方をすると
【自己管理ができなくて】
ペースが乱れてしまいます。

ですから、無理にでも
【始業終業時間と
    休日を設定して】
自分を管理しなくてはいけないのです。

そうしておかなければ
【頼まれた分だけ働くので】
心身を休めることができなくなります。
さらに強迫的な考えを持ちやすいので
【休むことが悪いこと】
感じてしまうようになるかもしれません。

同じ行動を続けることが
苦でない人であっても
いつかは「それ以外のこと」に
取り掛かることができなくなり、
強迫的な日々を過ごすことでしょう。

大げさかもしれませんが
そのくらい危険なことだと
考えておいた方が良いです。

自分で管理しないといけない人は
【必ず1日のスケジュールを
      確定させること】
徹底させてください。
そして、
夜は必ず休み、きちんと食べ、
【半日の休みでも】
時にはとってくださいね。
gahag-0064611697-1.jpg
会社員であることのメリットは
【人にルールを決めてもらえる】
【あらかじめ枠が定まっている】
などです。
自己管理ができなくて
不安な場合には
スケジュールを作成して
誰かにチェックしてもらってください。
posted by whereabouts長谷 at 12:07| Comment(0) | 発達障害