2022年01月27日

どうすれば仲良くなれるの?

前々回の記事で
「私にだけ愛想が悪い」という
記事をアップしました。
その続きとしてですね、
【表情が乏しいのは特性の一つだから】
どうにもならないじゃないの、
ということについて書きたいと思います。

まずは、もし当事者と私が会話したら
どんなふうになるのかな?と、
想像して会話を書いてみます。
(当事者とClと表記します)

Cl「だけど、発達障害は治らないし
  特性なんだから仕方ないじゃないですか」
私「そうですね、仕方ないですよね」
Cl「だったらそれを周りが
  受け入れてくれればいいのでは?」
私「そうできればいいけれど、
  周りの人は発達障害を熟知していないし
  合理的配慮義務があったとしても
  彼らにも感情があるからどうしたものか」
Cl「それはおかしい。
  周りが私に配慮すべきなんです」
私「具体的にはどんなことを?」
Cl「私が不愛想でも優しくしてほしいです」
私「それをどうやって周りに分かってもらうの?」
Cl「誰かが言ってくれると助かります」
私「ところで、あなたは不愛想な人に優しくできる?」
Cl「がんばれば、できると思います。」
私「それなら今も
  あなたは誰にでも優しく接している?」
Cl「していませんし、少し避けています」
私「そうすると矛盾がありますよね」
Cl「確かにそうですね」
私「自分は周りに優しくしないけれど、
  周りには優しくしてほしいということになります」
Cl「優しくって、どうすればいいのでしょう?」
私「あなたなら、どうされたら優しく感じます?」
Cl「うーん…」

※合理的配慮については
 あまり詳しく理解できていないので
 使い方を間違えていたらごめんなさい

こういった会話は
発達障害関連の相談では
よく出てくる内容なのです。
【自分に優しくしてほしい】
という訴えは結構多いですね。
それほど当事者は
”冷たくされている”と感じやすいのでしょう。
0001-free-illust-m.png
さて、タイトルについてですが
不愛想で態度が悪いとして
その人が誰かと仲良くなるには
どうすればいいのか?ですが
愛想良くなるよう改善できないなら
【自分の欠点をカミングアウトする】
というのが早いかと思います。

職場など人の集まるところでは
この頃は発達障害についての情報も
多く知られるようになってきましたし
その中に当事者がいると
「もしかして…」と気づかれるケースも
増えていると思います。
つまり、当事者自身は隠していても
【周りが先に気づいてしまう】
ということも考えられます。

具体的に何がどう?というのが
分からないのだとしても
「ほかの人と何か違うよね」くらいは
気が付かれやすい時代かと思いますから
不愛想なこととか
人付き合いの苦手さについてなど
勇気を出して上司に相談してみる、
というのも一つの方法かと思います。

その時の心がけとして
【自分以外の人間は敵ではない】
ということを念頭に置き
「みんなと仲良くなりたい」
という気持ちを伝えましょう。
それと同時に、
改善を諦めるのではなく
【鏡を見て表情の練習】
挨拶の仕方、目の合わせ方なども
家族に協力してもらいながら
取り組み続けることが大切です。

私が対象としている当事者は
【診断が下りない程度に
  軽度の発達障害特性を持つ人】
ですから、
学生時代も社会人になっても
健常者として過ごしている人たちです。
そういった人たちが
障害者認定されているわけでもないのに
努力することを諦めて
企業内で理解や配慮を一方的に求めるのは
難しいことだと私は思っています。

最後に、周囲の視点について
記載しておきますね。
これは相手の立場に立った時
当事者自身がどう見えているかの
参考になるかと思います。

発達特性を持つ当事者について
【部長や先輩が
  自腹で相談される】
ということが割とあります。
その相談内容の中では
相談者の人たちなりに分析をされていて
【発達障害者に対する接し方】
教えてほしいと言われることもあります。

・忙しくなると、
 たとえ相手が上司であっても
 怒鳴り散らして命令口調になる

・ちょっと注意しただけで
 反抗的に噛みついてくる

・いつも不愛想で
 怒っているように見えるから
 雑談など不要なことでは
 話しかけないようにしている

こういった相談にも私が対応しており、
当事者の心の中を翻訳して伝え
関わり方も提案することがあります。
両者の立場に立てば
ここまで温度差があるということです。
誰が良い悪いではなく、
【感じ方は人それぞれなのだ】
ということを改めて知っておいてください。
posted by whereabouts長谷 at 09:01| Comment(0) | 発達障害

2022年01月25日

カバンの中、整理できていますか?

コロナ感染者数がまた増えてきて
ビックリするほど多くなって( ゚Д゚)
それでも通勤しないといけないし
学校にも通わないといけません。
怖いですよね。

さて、今日のあなたの調子はどうでしたか?
身体もですが、
メンタルの調子はどうですか?
毎日やることが多くて忙しくて
時間が足りないと思っているかもしれませんが
一つ、習慣を増やしてみてはどうかな?
なんて思って記事を書いています。

それが【整理整頓】です。
(好きな人はごめんなさい)
整理整頓と言っても「どこを?」ですね。
部屋・棚・本などいろいろですが
毎日の習慣として
【カバンの中身を整理する】
というのは不可欠なのですよ。
とくにズボラな人は、ね(;^_^A
(それは私ですよwww)

特に発達障害特性を持つ人は
【生活に関するところが
    かなりズボラです】
自分の好きなことだけは
すこぶる集中できるけれど
【自分自身の
   お世話が面倒くさいから】
放っておくことが多いのです。

「毎日歯磨きしてますよ」なんて
主張される人もいるけれど
例えば毎日のことはさておき、
シーツの洗濯、食器の漂白、
爪のお手入れなどなど……
お世話項目って結構多くて
嫌になってしまいます( ノД`)

その中で、カバンも同様で
【一度しまったら出さない】
という人がたくさん存在しています。
それで、お客様から聞いた話では
”腐ったバナナが出てきた”って(笑)
そのカバンを
毎日会社に持っていくわけですよ。
そういうことを何とも思わない人は
やっぱり整理整頓が苦手です。

だから、自分のためではなくて
【周囲の人を不快にさせないために】
という目的を持ってみてください。
gahag-0009091686-1.jpg
*****まとめ*****
常にカバンがパンパンなくらい
物を詰める人が多いのですが
だいたいカバンの大きさの
【7割くらいがちょうどイイ】
というふうに私は思います。
少し余裕を持った入れ方をします。

そうしていないと
【カバンの中身を探すときに困る】
ということになりかねません。
もっと物が多い時には
【カバンを持つ数を増やす】
という方法でどうでしょうか。

そして帰宅したら
カバンの中身を一回外に出します。
ボロボロになったクッキーとか
出てきませんか?笑。
できれば財布も整理しましょう。

苦手な人への提案ですから
これを読んでいる時点で
「えぇ…?いやぁ…」って
抵抗があることだと思うのですが
その割に
【自分がどう見られているか
       すごく気になる】
というタイプの人もいるのですよね。

だったら、数回前にも言いましたが
【恥ずかしくない自分で
  居られることを大切にしましょう】
自分らしく好きに生きてもいいけれど
不潔・不衛生になってしまえば
周りに迷惑をかけることになりますし
恥ずかしい自分にもなってしまいます。
バレなければいい、という問題ではありません。
それは自分らしさではなく
”自分勝手”の範疇になってしまうので
自己成長を目指しているのであれば
ぜひ前向きに検討してみてください。
posted by whereabouts長谷 at 17:38| Comment(2) | 発達障害

2022年01月22日

私にだけ愛想が悪い

=======================================
事例)
私はこれまで
複数個所で働いたことがあるのですが
いつも人間関係の悩みにぶつかっています。
具体的には、
仕事の内容で人と揉めるというよりも
”人の態度が私にだけ違う”ということです。

例えば部長は、ほかの人には
和気あいあいと話すのに
私と接する時だけ怖い顔になっています。
だけど話している内容は
私を怒っていることではなくて
ほかの人と同じように業務の話などです。

怒られるようなことがないのに
なぜ私にだけ態度が違うのでしょうか?
どの職場でも似たようなことになって
この先どうしていいのか分かりません。
=======================================

今回は、相談事例から始まりました。
上記のような相談が時々あるので
あなたも一緒に考えてみてください。

このケースで想定されるのが
相談者自身に
【ASD傾向がないか?】
ということになります。
アスペルガー傾向を持っている場合、
・自分表現が苦手
・自分を客観的に見れない
・失言や失礼な態度が多い
ということが発生しやすいです。

順番に想像してみます。
【自分表現が苦手】
人前では緊張するので、
誰かと話すときは顔がこわばって
笑顔どころか”怖い顔になりやすく”
実は、部長が怖い顔をするのではなく
本人がそうである可能性があります。

当然のことですが、
不愛想な人に対して周囲の人が
”持続的に笑顔で接するのは
       難しいことなので”
時間の経過とともに
周りの態度に変化は現れるでしょう。

【自分を客観的に見れない】
表現できていな自分のことに
気づくことができません。
鏡などを見たりすることで
自分を確認することはできますが、
人と関わっている自分を
”冷静に別のところから見る”
ということが困難です。

そのため、
不愛想なのは自分の方なのに
”自分の目に見える周りの人だけが”
本人を差別するように感じます。

【失言や失礼な態度】
伝えたい内容がほかの人と同じでも、
”選ぶ言葉が
  悪い印象のものが多くなり”
その結果、失言に取られたり
その言い方(態度)の悪さを
批判されることもよくあるケースです。

例えば、
「時々、手を抜くスタッフ」と言えば
おおよそのことが分かるのに
「やる気のない無能なスタッフ」と
表現する、などです。

発達特性を持つ人の場合
本当にそう思っていることも
よくあるのですが、
そういった言葉が出やすいのは
【心の中でいつも思っているから】
ストレートな言い回しになるのです。
語彙数が少なく、
頭の中での処理自体もストレートなため
言葉にしたときに
とてもひどい言葉を選んでしまいます。
言い換えれば、
自分自身に対しても
優しい言い回しをしていない…
というふうに私は考えています。
*************************************
中には、笑顔が苦手で
愛想を振りまくことができないと
自覚している人もいます。
ただ、それだけだと
今回のケースで悩むことは
あまりないのだと思うのです。
実は不愛想なだけでなくて
【態度の悪さ】が見え隠れし、
そのことについて
周囲は困っているという
可能性を考えてください。

今回の件については
改善点を伝えるというより
【受け止め方の違い】
説明したいと思いました。

私がお客様の対応をする中で
本人から事情を聴いていると
とんでもないひどい話なのに
「なんか腑に落ちない…」という
感覚を持ってしまうケースです。
何度も何度も話を聴いているうちに
【あ、これ、本当は真逆の話だ!】
などと思ったことがあるのですよ。
gahag-0046657933-1.jpg
今回の内容を取り上げたきっかけは
実は私自身が最近体験してきたことと
以前にお客様から相談されたことが
つながったからです。

とある病院の医者が
「感染対策のため一歩下がって」と
言われたのですが、
となりにいた看護師さんに言われても
何も嫌な気持ちにならないのに
その医者に言われたら、
なんかイラっとするんです。
普通のことを言っているだけなのに。
そこで冷静に考えて分かったのは、
医者が私のことをばい菌のように扱った、
というところにありました。
具体的には、
まだ一歩下がっていなかった私を見て、
遠くから指示してきたのです。

その人がどういう人かは知りませんが、
その後の問診での話し方も
普通というより怒っている感じに
私には聞こえました。
こういう態度で患者と接していたら
ほかの人に避けられてしまうでしょう。

別に、他人に媚びたり顔色を伺ったりは
する必要がないけれども
【ほどほどの愛想のよさ】って
やっぱり人として得をするなぁって
思った次第です(;^_^A
posted by whereabouts長谷 at 17:05| Comment(2) | 発達障害