2018年11月19日

やる気を出すための考え方

土日の2日間で、
初めてのスクーリングに行ってきました!
通信制の学生たちは
年間いくつかの単位習得のために
大学に通わなくてはいけません。

それがスクーリング(^^)
久々に、「ふざけた学生」を
楽しんでまいりました。
先生が優しい人でよかった。笑。

生徒さんたちは色んな職業で
色んなコースの人が集まり
短大も大学も一緒だったり
海外から来た人もいました。

ところが2日目になると
欠席者が数名いることが判明。

先生に尋ねてみたところ
【人前で発表したくないから】
欠席してしまう人って
結構多いのですって。
あぁ…残念です。。。。。

今回は、座学というよりは
グループワークばかりで
初対面の人の前での発表ばかり。
まぁ、気持ちは分かりますよ。
私もガクブルでしたし(^^;

それでも多くの人たちが
一生懸命がんばりました。

ベテランのKパイセンが言いました。
「通信の人たちは真面目だよね」
詳しく聞いてみると
通学生の人たちはいい加減な人が
多く見られるのだとか。

やる気がない…みたいな。
相談事例にもよくありますよ。
「やる気を出すには?」という相談。

さて、
やる気を出すために
あなたはどんな工夫をしていますか?

私が思うのは、まず、
【やらされていると思わない】
ということです。
【自分なりの目的を】見いだすことが
大切だと思います。

上記で言うと
通学生の人たちの多くが
自分以外のお金を使って
通っていると思います。
授業では嫌いなものもあって
しぶしぶ学んでいることでしょう。

そうすると、
「仕方なくやっている」感で
勉強する形になってしまいがちです。

その学習を
【自分が選択した責任】
なかなか感じにくくなります。

もう一つは
【元を取る気で】
取り組むことが大切です。

だいたいのことは
【お金と時間が発生している】ので
それを【無駄なく】使うためには
イヤなことでも損得勘定で
取り組んでいくことができます。
koharubiyori17-540x360.jpg.pagespeed.ce.xm3H30S4sE.jpg
とはいえ、人って
【必要に迫られないと】
やる気が起きない生き物です(^^;

がんばった分だけ、
【どこかで休息をしっかりと】
取らないことには
その後のやる気に繋がりません。

【メリハリのある】
日々の過ごし方を考えて
工夫してみてくださいね。

スクーリングがある時は
飼い犬をホテルに預けます。

実は、分離不安な仔なので
自宅に戻ってきてから
体調不良になりました。

本当に申し訳ないです。
今日は、いっぱい抱っこして
いっぱいおしゃべりして遊んで
回復を待ちたいと思います(^^)
posted by whereabouts長谷 at 05:49| Comment(0) | 心の健康を保つ

2018年11月16日

ドライ対応は冷たい人

私は、お客さまの質問に
答えるカウンセラーですが、
時々アドバイスもします。

その中で、戸惑いやすいのが
「ドライに対応してね」という
アドバイスです。

けれども、その言葉は
特に女性にとっては
良い意味で捉えられません。

・冷たい対応をするのか
・相手を否定するのか
・突き放す対応なのか

などと、
【マイナスのイメージ】
強く持ってしまう
表現ではあります。

ですが、
私の言う「ドライ」とは
相手を否定的に捉えたり
突き放すのとは
ちょっと異なります。

それを別の言葉で表すと
【言いたいことは
   ハッキリ伝えてね】です。
085-business-peoples.jpg
男性にもいますけれど
女性は【母心が強いので】
人に温かく接することや
【感情で受け止める】ことが
得意ですよね。

そうすると
ハッキリと伝えた後の
【相手の反応に反応しやすく】

さらには
【相手の課題まで
  引き受けてしまいやすく】
それによって
【お互いが負担になる】のです。

例えば、
根拠もないのに
「お前のせいで失敗した」などと
男性に責められたとき
反発できないタイプの女性なら
優しく寄り添うでしょうし
「ごめんなさい」と
非を認める発言をします。

それは、
発達障害傾向を持つ人だけ、
とは限りません。
感情的な男性は意外と多いです。

なので、
日常的にはドライでなくても
【その方法だけ覚えておいて】
いざというときに
使えるようにしておいた方が
心のバランスが保てます。

「ハッキリ伝える」の感覚も
人それぞれなので
ケンカ腰になってしまうことが
考えられますが
【淡々と】が正解です。

伝えた後、
場合によっては相手の話を
【聞かない姿勢】も大切です。

詳しい方法は
私に直接質問していただければ
ケースごとの対応法を
一緒に考えることができます。

これは、優しい人ほど
人の痛みが分かる人ほど
陥ってしまう
現象かもしれません。

感情に反応する人ほど
やりにくさを感じます。

けれども、
スキルの一つとして習得し
時と場合に応じて
使い分けられるようになると
【人間関係に良い影響を】
与える可能性があるかもしれません。

ぜひ、思い切って
「割り切りの対応を」
覚えてみませんか?
posted by whereabouts長谷 at 08:22| Comment(0) | 人間力アップ

2018年11月13日

口が達者なアスペルガータイプ

発達障害の傾向を持つ人たちは
【興味の範囲が狭く】
自分が興味を持つこと以外は
ほとんど受けてつけていません。

興味の対象である事柄には
専門家?というくらい精通していて
研究や追求が大好きな人が多いです。

そして、
【好きなことを語る時だけ】
ものすごい情報量を
言語化してきます。

とにかく
【自分の好きなことについて
        聞いてほしい】という
気持ちでいっぱいになって
ひたすら話し続けます。

それがあるために口数の多い人だと
勘違いされてしまうのですが、
【よくしゃべる
    アスペルガータイプ】
存在しています。
528-peoples-free.jpg
実は、
恋人関係や夫婦関係では
【感情面でのトラブルが】
多々起きていて、よく相談を受けます。

どちらが良い悪いではなくて
【その思いを汲み取れない】
ことによって起きてしまう
もめ事と言えるのですが

【口が達者=理解が深い】
思われてしまいがちなので
パートナーとの気持ちのズレを
修正するのがすごく難しいのです。

というのも、
【独特な持論を繰り広げて】
【強い思いこみを持って】
【論点をどんどんずらしてしまう】ので

それをパートナーが
一つひとつまともに取り合えば
『何について話していたか
   分からなくなってしまいます』

論点をズラしながら
よくしゃべるタイプの人だから
【勢いに呑み込まれてしまって】
結局解決しなかった…
ということがずっと続きます。

このタイプの人は【頭が良い人が多く】
頭の回転も速いと思います。
だから、何かについて湧き出てくる
言葉をそのまま表現するので
論点がズレていることに
全く気づけません。

【賢い自分の考えが全て】
思っていることも多いので
修正がなかなか難しいのですが

あなたが、もしもこのような状況に
あるのならご相談ください。
そのズレを修正する方法を
一緒に探していきましょう。
posted by whereabouts長谷 at 08:04| Comment(0) | 発達障害