2017年06月23日

正義感を持ってはいけないのか

発達障害の傾向を持つ人は
正義感の強い人が割と多く、
困っている人を見かけると
放っておけないという人が
多いです。


きっと、長い間にわたって
【たくさん傷ついてきたから】
心の痛みを知っているから
困っている人を見かけると
助けたくなってしまうのです。


また、テレビのニュースなど
【少し身近から離れた話でも】
正義感がちらほら
見え隠れすることがあります。

例えば、理不尽な事件などに対してです。


特に、何かについて
【考えることが好きな人は】
こういったことについて
深く考えることがあります。

つまり、正義についても
考えているということです。


ただ、そこに誰かの意見が
加わらないと、
あくまでも個人の意見に止まるので
【1人だけの正義】
なりかねません。

要するに、思い込みです。

考えるのは良いことですが
考えすぎることによって
【危ない方向に】
正義感がはたらくことがあります。

488-free-pictograms.jpg

こういうことを避けるためには
【何が正しいか】ではなく
【何が誰のためになるか】
といったふうに、

小さな枠組みで
考えていく必要があります。


考えは、継続するほど
【壮大なスケールに
      なりますから】
そのことを念頭において
一つ一つの困ったことに
注目していくことができれば

【危険な正義感に
       変化しない】
ということを
覚えておいてください。


正義感を持つことは
悪いことではありません。

ただ、過剰になってしまえば
方向性が違ってくるので
危険ですよ。
posted by whereabouts at 17:46| Comment(0) | 発達障害

2017年06月22日

電話が苦手


相槌のことから連想して
全然違う内容を書きます。

今回は、「私の苦手なこと」についてです(^^;



相変わらず、
相槌のタイミングは難しいと
思う毎日です。

単に、仕事だからとか
お客様に不快な思いをさせたくないとか
それだけではなくて、

【電話口の時間差】
と言えばいいでしょうか。

111.jpg

昔と違って今は
電話で話して相手に届くまで
時差がありますよね。

私、あれがとっても苦手です。


なので、ただでさえ
相槌が気になっているのに
電話だと余計に
戸惑ってしまうのです。


ただ、慣れもあるもので
相手の発言に
【少々被ってもいいや】
思ってしまうことがあります。w


もう、そういうシステムなら
相手も分かっているだろうから
【失礼に当たらなければ】
仕方のないこともある、とも思えます。


そうはいっても
【電話よりも顔を見たい】
気持ちのほうが強いです。

人見知りの人は逆でしょうが、
【表情を見て安心する】
という人も結構います。

私は、相手の表情を見たい人です。


でもどうしても
遠方などの理由で
電話しかやりとりできないときは
【相手の声を覚える】
ことが大切です。


聴くことが苦手な人は
大変かもしれませんが

声の大小、音程などによって
その人の気持ちが表現されています。

普段当たり前に話す人は
気づきにくいことですけれど
改めて、
誰かの声を感じてみてはいかがでしょうか。
posted by whereabouts at 11:18| Comment(0) | 日記

2017年06月20日

他人をライバル視しない



記事を読み返しながら
「私なんてしょっちゅうだよ…」
とか思いながら
書き直そうと思いましたwww


誰かのことを
羨ましいと思うことは
いつでもどこでもあります。


それで、
【頭ではいけないと
   分かっているのに
    嫌な態度を取ってしまう】
という人もいます。


どうしても、
やめられないのです。


だけど、自覚があるだけに
【自分を責める結果に】
なってしまいます。

「こんな自分がイヤだ」と
酷い自分を感じます。



そうです。酷いです。

だから、
ちゃんと感じてください。
ちゃんと反省してください。
直接言えないのなら
心の中で、相手に謝ってください。


もしもそこで
自分を正当化してしまったら
【もう元には戻れません】

s_078.jpg

良いことは良い、
悪いことは悪い、と
きちんと振り返ることが
できる人だけが
【変わることができるのです】


もしもあなたが
そのタイプの人だとしたら
【あなたは良い人です】

自分の悪いところを
受け止めようとできる
素直で前向きな人です。


だから、
【必ず変われます】

511-free-pictograms.jpg

いつかは、誰かと自分を比べずに
【昨日の自分と比べて】いけます。


妬み嫉みに苦しむ人が
気づきにくいことですが、

【最大のライバルは自分】
だということを知ってください。
posted by whereabouts at 10:20| Comment(0) | 心の健康を保つ