2019年10月22日

「注意」の定義の誤解

相談事例の中で
「そういう考えもあるのか…」
という発言がありましたので
私も考えてみたいと思います。

それは、
”人に注意すること”についてです。
一般的に、人に注意するときは
何かを改善してほしい時や
してほしくない行動や言動が
あったときなどかと思います。

この時、事例では
その人に注意をしたくなるような
【怒りを感じなかった】という
発言がありました。
548-peoples-free.jpg
そうか、この方は
誰かに注意をする時には
怒りを感じているのか…と分かり、
「注意をする時、
  人は怒っていないよ。」
と、私の考えを伝えてみました。

すると、「そうなの?」と
驚いているように見えました。

ここで、気がついたのは
発達障害の傾向を持つ人たちは
【怒りを感じやすく】
それは言い換えると
何でもかんでもすぐに怒るのではなく
【一次感情に気付きにくい】
言えるのだと思います。

一次感情とは、
怒りという二次感情に変化する前の
「悲しみ」「苦しみ」「不安」「恐怖」
などのことを言います。

事例の方は、人に注意されたときに
「悲しい」「不安」などの感情に
気がつかないまま
「そんなに私が悪いのか!」という
怒りに即座に変換されてきたため
【注意をする時は怒っている時】
という考えが植えつけられたのでしょう。

それで、
思い込みの激しいタイプの人でも
信頼関係がしっかり形成されていれば
【認知修正は可能です】

このケースでは
・どんな思いだったか
・注意された内容は正しいか
・自分の考えはどうか
といったことを順番に
聞かせてもらうことが多いです。

そうすることで
その人の抱える否定的な感情と
注意されたことの内容を
【切り離し】考えることができます。

最後にまとめますと、
確かに不快に思った時
私たちは誰かに注意する場面は
たくさんあることと思いますが
【注意することと感情は別物】
として考えることが大切です。

また、
不快でもなく怒りもなくても
【必要に応じて注意する】ことは
誰もが経験することです。
それも踏まえて
「注意をすることの定義」を
勘違いしないでおきたいところです。
posted by whereabouts長谷 at 10:09| Comment(0) | 発達障害

2019年10月19日

周りの情報をどう取り入れるか

ADHDタイプの人たちは
比較的【好奇心旺盛】
人の持っている情報に
興味を示しやすい場合が
多いかと思いますが、

アスペルガータイプでは
【興味の幅が狭く】
自分の世界で楽しみます。

ですから、
【他人との
  関わりも興味も薄く】
他人と自分との間にある
【目的が分かりません】

簡単に言うと
”何のために、
  その人と関わるの?”
ハッキリとしていません。

当事者たちは色々なことに
【意味を持つことが大切で】
そこがハッキリしていない限り
【無意味なものに
   興味を示さない】
考えると分かりやすいです。

逆に言えば、
他人との間に目的を持てれば
コミュニケーションが成立する、
と考えられますよね。
370-free-pictograms.jpg
さて、
他人との目的を探すためには
【情報交換が必須です】
ですが当事者たちは
相手の話を聞きながら
【自ら共通目的を
   探すのが苦手】
相手が見つけてくれないと
【世間話はただのムダ】
思ってしまいがちです。

だから、人の話を聞いて
「ふーん」で終わってしまい
【会話が広がらない】
私は想像しています。

これを読んでいる
当事者の人たちは
今後、誰かの話を聞いた時
「そうなんだ、覚えておこう」と
頭の中で自分に言い聞かせてください。

もちろん、忘れてしまうことの方が
多いタイプの人たちなので
それは仕方がないとしても
人の話を軽く考えず
【そこに共通点はないか】
アンテナを立ててみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 07:18| Comment(0) | 発達障害

2019年10月17日

良いか悪いか

発達障害の傾向を持つ人だけでなく
誰にでも言えることなのですが
物事に対して
【良いか悪いかで判断】
してしまいがちな人がいます。

そのクセを持っていると
自分がミスをした時などに
「自分が悪い」と呪いをかけ続け
自信がなくなってしまったり
攻撃的になったりしてしまいます。

「自分が良い」とばかり思えば
周りの人たちのことが
悪く見えてしまったり
自分が偉くなったような気持で
見下す態度になってしまいます。

これでは、
人間関係は良好にならず
人との関わりが苦しいばかりで
生き辛さを感じやすくなります。

では、どう考えれば良いのでしょう。。。

前回の記事の中で
「自分の何が悪いのだ!」という
言葉を書きました。
良いか悪いかばかりで考えると
何か注意をされたとき、
誰かに注意しなくてはならないとき
自分か相手の【どちらかが悪】
という気持ちになりやすいかと思います。

ですから、
良い・悪いのジャッジではなくて
【情報(データ)の更新】
考えてみてはいかがでしょう。
gahag-0067454677-1.jpg
自分の考え方もあるし
あなたの考え方も一理あるよね。
自分のやり方でも上手くいくし
あなたのやり方も良いね。

この時点でも頑なに
「いや、自分だけが正しい!」と
言い張る人は存在します。
その理由の一つに、
この時点で考え方を改めると
【今までの自分が全否定される】
思っているからです。

その人たちは、
古いバージョンのOSを
アップデートできない
パソコンみたいなもので
まずは、この先の【イメージ作り】
大切なのかと私は思います。

世の中には白か黒かハッキリしたものより
【どちらとも言えないこと】の方が
はるかに多く存在しているので
多くのことを、良いか悪いかで
判断している人たちにとっては
「ハッキリさせたい」という
気持ちになりやすく
でも、そうできないモヤモヤが
ストレスの原因になっています。

だからこそ、「良い悪い」ではなく
「あれもある、これもある」で
【自分の知識を増やすイメージで】
情報を更新することが
大切なのだと思います。
posted by whereabouts長谷 at 06:47| Comment(0) | 発達障害