2017年06月16日

専門の手を借りましょう

子育ては親と子どもだけの
狭い世界で継続されます。

公園デビューやお買い物など
一時的に外との関わりはあっても
子育ての悩みすべてが
そこで解消できるわけではありません。

150x100xIMG_09891-150x100.jpg.pagespeed.ic.GkW41UfIP-.jpg

特に、発達障害や成長のことなどは
【ママ同士の情報に
     信憑性が薄いです】

私も子育てを経験しましたから
よ〜く分かっているのですが


中には、
【根拠がないことが多い】
【独断と偏見で判断しがち】
【自分が絶対と思っている】
といった人がいるもので、

確かに一時的には
不安が解消されますが
その言葉を鵜呑みにして
必要な人や機関への
【相談を先延ばしにした結果】

子どもが大きくなってから
場合によっては
子どもが成人してしまってから
問題勃発となって
カウンセリングに訪れる人が
年々増えているのが現状です。


親としては
他の子と変わりない
ちょっと個性的だったり
ちょっと小柄だったりするだけで…

と思いたいものです。


でも、
【もっと早く相談していれば…】
というケースが少ないことを
知っておいてください。


相談を先延ばしにするくらいなら、
【何もなくても相談して】
何でもなかったと安心するほうが
親子のためになりますよ。
posted by whereabouts長谷 at 12:30| Comment(0) | 子育ての参考に