2017年06月18日

フォローが当たり前だと思う

職場や学校、
習い事などにしても
どんなところでも
人はフォローし合って
過ごしていますよね。

特に、苦手なことだと
周りが察知すれば
手伝える人が手伝う
というのが自然の流れです。


ところで、
発達傾向を持つ人たちは
苦手なことの数が多かったり
苦手度が高かったりして
さらにフォローを
必要としています。

それについても
気づいた周囲の人は
自然にフォローしますが

なんと、時々
【自分ひとりで
  成功したつもり】
なってしまうケースがあるのです。


タイトルの通り
【フォローされて当然】
ということです。


このタイプの人は
1人でやっていてうまくいかなくて
感情的になって
誰かや何かのせいにすることで
周りが助けてくれるという

【失敗から成功までのプロセス】
【当たり前のこととして】
過ごしてきた可能性があります。


つまり、
【怒れば周りが動いてくれる】
というマイナスの認知です。

016-peoples-free.jpg

当たり前のことですが
みんななるべく穏やかに
過ごしていたいですよね。

その中で1人
感情的に怒っている人がいれば
なだめたり落ち着かせようと
するものです。

その部分に
自覚がないタイプとも考えられます。


さて、このような場合は
【認知の修正】が必要です。


フォローだと自覚がなく
当然のことと思っている。
自分のために周りが動くことを
当たり前だと思っている。

これではちょっと、困りますよね。

ですのでまずは
【フォローしている理由】
解釈から始めるのはどうでしょうか。


このタイプの人は
自分の怒りを表現することによって
【周りが不快だと認識できていない】
可能性があります。

自分がおかしな目で見られていることに
気づいていない可能性もあります。

ですから、
「怒らせたくなくて仕方なく手伝っている」
ことを正直に伝えることで
初めて知ることになると思います。


そして、困ったときは素直に
【手伝ってくださいと言っても良い】
ということ、

怒りを爆発させるほど
【1人で抱え込まなくていいよ】
という言葉も伝えると良いでしょう。


それによって
【感情をあらわにしなくても
         助けてくれる】
体験が増えていくとともに

【手伝ってもらえることへの感謝】
生まれるようになりますよ。
posted by whereabouts at 09:59| Comment(0) | 発達障害