2017年07月31日

ひきこもりのセミナーに参加してきました

昨日は、久しぶりに
セミナーに参加することができました。

セミナーでは二人の大学教授が
お話を聞かせてくださいました。

【発達障害】
【青年心理学】の観点から
ひきこもりについて考える
という時間になりました。


そもそも、
どんな人が引きこもりになるのか?
と言いますと、
【明日は我が身】と思えるくらい
誰でも可能性はあるものです。

最近では、
【主婦も引きこもりになる】
言われているほどです。
(あ…ある意味私もw)

それで、
単に怠けているように見えたり
親のすねをかじって
好きなことだけをしているように
見えるかもしれませんが
【心に抱える問題】
大きく影響しているのです。


教授のお話からすれば、
現代の
【社会のシステムに
      問題がある】
とのこと。

うむ。納得。

さらに、SNSなどで
色んな情報が晒されることで
【不寛容な社会になった】
とのこと。

ふむふむ。ですね。


たとえば、
ちょっとした不正を
誰かがやったとしても、
昔なら見なかったことにできたことが

今では
【無関係の人が
   直接抗議してくるので】
なかったことにはできないし
【公に謝るしかない】という流れです。

(不倫とか、ね)

情報の共有で
便利になった反面
【寛容さに
  欠ける時代になった】
と言えるのです。


当たり前ですが、
それに適応できない人が
出てきても仕方のないことで

いえ、むしろ
適応しているフリをして
【多くの人が
   疲れ果てている】
のだと思うのです。


言論の自由、
どこで許される?
意外と許されないですよ。

それならせめて
カウンセリングで
言いたい放題
やってみませんか?(^^)


心に溜まった
どす黒いものは
溜め続けると毒になります。
定期的にダムのように
放流してしまいましょう!

540x360ximg20160524-540x360.jpg.pagespeed.ic.6qoHQjCaDb.jpg
posted by whereabouts長谷 at 15:26| Comment(0) | 発達障害

2017年07月28日

オキシトシンを増やそう

「オキシトシン」って聞いたことありますか?
最近は、テレビなどでも
時々オキシトシンについて
放送されていますが

【愛情ホルモン】と呼ばれる
ホルモンの一つです。

男女ともに、このホルモンを持っていますが
男性はアルギニン・バソプレシンが多いです。
いずれにしても両方が補い合っています。


さてさて、それが何なのよ?
というところをお話せねば。


ちょっとググってみたら
オキシトシンのサプリメントが
販売されているのですね。

それほど注目されている
オキシトシンが不足すると

・人になじみにくい
・一人を好む
・不安やストレスを感じやすい

こういったことが起きるのです。


つまり、
人間関係などで悩む人は
単純に
【心理的問題】だけでなく
ホルモンバランスも
考える必要があるかもしれない、
ということです。


このオキシトシンは
【食事からは得られない】ので
【行動から得る】
ということを覚えておきましょう。


例えば
・ハグなどスキンシップ
・動物を可愛がる
・マッサージをする
といった方法があります。
IMG_5147.JPG
特に、赤ちゃんを育てる
ママにはオキシトシンが
た〜っぷり分泌されていて
だから3時間おきの過酷なお世話も
耐えられる、と言われています。

オキシトシンが豊富だと
【幸せなことがいっぱい】

あなたも今日から
幸せなホルモンを
増やすことに挑戦してみましょう(^^)
posted by whereabouts長谷 at 15:22| Comment(0) | 心の健康を保つ

2017年07月26日

体幹が弱い

発達障害の傾向を持つ人で
【小さい頃に
   運動をしなかった人は】
大人になってからも
【体幹の弱い人が多いです】


体幹とは、ただの腹筋背筋
などではなく
もっと奥深くにある
【主要な部分です】


発達障害傾向の人たちは
【体幹がもともと弱く】
小さい頃から
敢えて運動させなければ
体幹が安定しにくいので

【姿勢が悪く】
【姿勢を保てず】
【落ち着きなく見え】
周りは驚きます。


これを改善するための
一番簡単な方法は、
【片足立ち】です。

習い事で楽しみたいなら
ヨガやテコンドーなど
【バランスを
  必要とする運動】
お勧めですよ。

004-nursing-illustration.jpg
姿勢が悪いと
【体が歪みます】

体が歪むと
【肩や腰を痛めます】

年を取ると
【杖が必要な場合も】
出てくるので
早いうちから対応しておきましょう。
posted by whereabouts長谷 at 11:26| Comment(0) | 発達障害