2018年01月30日

良いことがあると忘れる

良いことが続けば
毎日が充実していて
辛かったこととか
苦しかったことなどは
自然と忘れられますよね。

悪い時期があれば
良い時期もあるし
生きていく間には
その繰り返しと連続で
出来上がっているようなもので
自然の流れではあります。

ただ、
回避タイプや
発達障害の傾向を持つ人たちは
良い時期がやってくると、
それまでに向き合ってきた
【自分の課題を忘れてしまう】
傾向があるのです。

苦しいときには
その原因や根本を探って
どうにか変化したいと思うのですが

良い時期が自然にやってくると
・克服したと誤解する
・面倒になってしまう
・その時の気持ちを忘れてしまう
など、色んな理由から
それまで頑張っていたことを
止めてしまう人がいます。

そしてまた
悪い時期がやってくると
【同じ事を繰り返す】という
ループに陥りがちです。

こういったことにならないよう、
自分に起こっていることと
自分の抱える課題は
全くの別物だと
とらえることが大切です。

良いことが続くと
【自然に解決したと
   思い込まないこと】です。

そして、
自分と向き合うのに適当なのは
【良いこと続きの時期です】

悪い時期に向き合うということは
追い詰められて一杯いっぱいのときです。
そんなときにさらに苦しむよりも
【その時期がいつ来ても
     大丈夫なように】
良い時に準備しておきましょう。

カウンセリングは
こういう使い方ができるのです。

だから、
【予防カウンセリング】というのです。

ぜひ、あなたも活用してみませんか?(^^)
068-peoples-free.jpg
posted by whereabouts長谷 at 17:22| Comment(0) | 発達障害

2018年01月27日

手首足首の悩み

発達障害の傾向を持つ人は
【体幹が弱い人が多く】
真っ直ぐ立っていられない
じっと座っていられない
といった悩みを持つ人も
結構多く存在します。

本人の自覚がなくても
周りから見ると
落ち着きがなかったり
イライラしているようにも
感じられます。


それとは別に、
【不器用さが
   手首足首に出ます】

色んなタイプの人がいますが
全般的に
【固く融通が利かない】
イメージです。

そのため、
・手首を使う球技が苦手
・長距離は速いのに短距離が苦手
・ジャンプが不自然
などといった苦手があります。

日常の生活においても
手首が固いので
ペンの持ち方がおかしかったり
手首が妙な角度に傾いていたり
不自然に見えてしまいます。


この対処法は
【日ごろからストレッチ】
するように心がけることです。

発達障害の傾向を持つ人たちは
【体の感覚を
  把握するのが苦手】です。
203-free-pictograms.jpg
日ごろからなるべく
体の【色んなところを動かし】
確認しておくと
少しずつ改善できる可能性がありますよ。
posted by whereabouts長谷 at 10:09| Comment(2) | 発達障害

2018年01月25日

依存傾向の人との付き合い方

人に依存するタイプの人は
人間関係が
上手く行かないことが多いです。

発達障害傾向を持つ人も
依存タイプの人も
【人との距離感が分からない】
という課題を抱えています。

距離感を間違うと
ケンカになったり
足の引っ張り合いだったり
楽しいことがあっても
【苦しみが大きくなって】
徐々に人を避けるようになります。

誰かと関わっても
【上っ面、猜疑心】ばかりで
心から信じられる人を
見つけることができません。

このような
悲しい関係を解決するには
【調整ができる人】
付き合うことが重要です。

どういうことかというと
彼らは好きな相手ができると
【一気に距離を縮めてきます】
おたがい好きならば
いいのでは?と
思われるかもしれません。

自分を知ってもらうには
良いことだと思うかもしれません。

ですが、急激な接近は
【トラブルのもと】になりやすいです。

ですから、
どちらか一方が
【これ以上踏み込まないでね】
という距離の調整を
する必要があるということです。

その距離は人それぞれ。
だけど
人付き合いの上手な人は
【適切な距離を
   知っていますから】
調整役ができる人に
教えてもらいながら
距離感を知ることが大切です。

最初は、
・突き放された
・全否定された
・存在否定された
などと
マイナス感情に支配されるでしょう。

でも付き合いを続けるうちに
それが否定ではないことが
分かってくるでしょうし、
それが分かるまでは
【頑張って
   関係を続けてみる】のも
良いと思いますよ。
305-free-pictograms.jpg
最後に、
調整役を引き受ける人で
そういった関係に慣れていない場合
【とても負担な関係だと】
感じることも多々あるはずですが

【気長に待つ】という心構えで
長い目で見て付き合いを続けてください。

いつか必ず
良い関係に変化していきます。
posted by whereabouts長谷 at 08:53| Comment(0) | 心の健康を保つ