2018年06月28日

最後まで理解できない

人の話って
長いと疲れますよね(^^;

特に、説明するときや
諭すとき、
校長先生の挨拶(笑)
長すぎて眠くなります。

さて、
そんな長い話を理解するとき
人はある程度記憶しながら
最終的に
【総合的に考えて】
その人が何を言いたかったのか
考えます。

そして、
その人なりの解釈をします。
046-internet-illustration.jpg
それが、
発達障害の傾向を持つ人では
・記憶できない
・部分的に考える
・一部の言葉に囚われる
といったことが起こりやすく、

それでも自分なりに
解釈はするものの
結局はズレが生じてしまい
会話が成立しなくなってしまうのです。

こういった場合は
しつこい感じもするのですが
【最後の確認が大切】です。

「何が言いたかったか分かる?」
と、特性を持つ人に質問すると
かなりのズレを
感じることがおおいです。

でも、
それも伝えたことの一部なので
相手を【認めながら】
本当に伝えたかったところは
【短めに】伝えます。

メモに箇条書きが理想です。

多くの人が飽き飽きする
人の長い話。
発達障害の傾向を持つ人たちは
【もっと疲れています】

いつか全国の校長先生が
それを知って
短めに楽しい話を
してほしいものですね。笑。
posted by whereabouts長谷 at 07:02| Comment(0) | 発達障害

2018年06月26日

ポスティングに行ってきます!

6/26(火)の今日は
当ルーム周辺に
ポスティングしてきます。
posting.jpg
「チラシお断り」のところが
すごく多いですけれど
メンタルケアに関しては
こっそり知ってほしい情報(^^)

受け取って
喜んでくださる方が
いるのも事実。

なるべく多くの方々に
知っていただきたいので
頑張ってまいります♪


毎度のことではありますが
ポスティング終了後は
ヘロヘロのクタクタ…

ですので、
申し訳ございませんが
本日は
【お休みとさせていただきます】

ご理解のほど
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by whereabouts長谷 at 06:55| Comment(0) | ご連絡・ご挨拶

2018年06月25日

発達障害の人への理由の伝え方

発達障害の傾向を持つ人たちは
世の中が分からないことだらけなので
「なんで?」と質問する頻度が
かなり高いです。
589-peoples-free.jpg
それに対して
親切な人は丁寧に説明をします。

ですが、
発達障害の人は
【正しく理解する
     ことが苦手】
一応は「分かった」と返事をしますが
実のところ
【分かっていない
    ことの方が多い】です。

なので後日また
【同じことを何度も】
聞いてくることばかりで
親切な人もさすがに
ヘトヘトになります。

このような場合
どう対応したら良いのでしょうか。


ポイントはこんな感じです。

・丁寧にし過ぎない
・ドライに対応
・覚えてもらうつもりで

丁寧に伝えようとすると
【文章が長くなるので】
かえって分からなくなります。

冷たくするのではなく、
【敢えて、彼らの感情に
    向き合わない】ことで
伝えたいことだけを
伝えられるようになります。

「普通そうじゃん」は通じません。
彼らなりの理屈が欲しいので
その説明が難しい場合は
「そういうものだから、覚えてね」と
【お願いする方が早い】です。

これらを踏まえて
対応してみてくださいね。
少しだけ
やり取りが楽になると思いますよ(^^)
posted by whereabouts長谷 at 07:30| Comment(0) | 発達障害