2018年07月30日

本当に自分は無関係なのか?

今回の記事は、
「支援する側」の人に
ぜひとも読んでいただきたいです。


今の日本では、
社会全体において
障害者の支援や差別解消に
積極的に取り組んでいますし
法律の制定もなされ、
少しずつ変化がみられるものの

【個人ではどうか?】
という問いに対しては
一人ひとりの在り方や
【意識改革は
  なされていない】
私は感じています。

例えば、学校生活の中で
障害を持っている子がいたとしたら
先生は
「優しく接してあげてね」
などと言いますよね。

中にはからかう子どもも
いますけれど
学生時代の間ならば
優しく接するだけでOKです。

ですが大人になれば
【優しさだけでは
     通用しない】ことが
たくさん出てきます。

社会で生活するのですから
その人にできる範囲の
仕事をすることになります。
57.jpg
それで、障害と少し離れて
【軽度の発達障害の人】
診断が下りる場合もあれば
下りなくて
困っている場合もあります。

診断が下りない人は
【ただの性格】の範疇で
周囲から認識されやすいため
【自分で何とかして】
思われがちなのですが

少なくとも先輩や上司は
その人のフォローを
することになりますよね。

その時に
フォローする側として
【この程度のこと、
 言わなくても分かるだろう?】
という対応をしてしまう人は
少なくありません。

それで結局
【指示が正しく
   伝わらなくて】
ミスにつながってしまうのです。

これは、
特性を持つ人が
悪いのではありません。
【自分のことを
  健常だと思っている人の
          怠慢です】

「発達障害?
 そんなの自分には関係ない」

そう言いたくなることでしょうし
自分の予定している以上の
フォローをすることが
面倒だと思うことでしょうね。

ですが、
【そのひと手間が】
【成功へ導く結果を】
もたらすのです。

それは
相手のためだけではなく
【指導スキルの技術を】
磨けるということなのです。

フォローの仕方は
【人それぞれで
  オーダーメイド】だと
思ってみてください。

彼らは、物の見方や
とらえ方が独特なだけで

得意なことと苦手なことの
差が大きいだけで

【何か一つ手伝えば】
それ以外は
全部うまく行く、
ということもあるので

【一つ苦手でも
  全部苦手ではない】のです。

障害を持つ人たちについて
国レベルの対策がなされても
【個人の意識が低ければ】
何の解決にもなりません。

国はあくまでも
【基礎を作るだけ】
そこから先は
個人の、一人ひとりの
協力が不可欠です。

ですから、
私たちに何ができるのか
改めて考えてみる必要が
あるのではないでしょうか。
posted by whereabouts長谷 at 09:20| Comment(0) | 日記

2018年07月27日

アスペルガータイプとの会話の仕方

アスペルガー(自閉症スペクトラム)の
傾向を持つタイプの人では
個人差はあるものの
独特な話し方をする人が多く

それに対して
どう受け答えすればよいのか
悩んでいる人がいます。

一番多いパターンは
・何が言いたいのか分からない
・話にオチがない
・聴き取りにくい
ということなのですが

この場合には、
途中まで話を聞いたら
【話をまとめてあげる】ことで
会話が進みやすくなります。

本来は、
話の腰を折ることは
失礼にあたりますが
【敢えて会話を遮って】
そこで話をまとめてから
「それで、何だっけ?」と
【論点の再確認ができるので】
最終地点に到達しやすいです。

それから、
割と面白くも何ともないことを
言葉にする人が多いのですが

真面目な人ほど
【全部取り合おうとする】ので
会話をすることが疲れると思います。

ですから、
よく分からない、
どうでもいい話題については
【敢えて触れずに】
別の話題に切り替えると良いでしょう。

その際、
「無視した無視した…」と
無視されたことに
こだわってしまうことが考えられるので
「そうなんだー」程度の
返事だけで終わらせると良いです。
008-people-illustration.jpg
特別な会話の仕方に
慣れていない人にすれば
避けてしまいたい
ことかもしれませんが、
【慣れてしまえば
   楽なこともある】
別の考え方もありますよ。

ぜひ、試してみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 10:26| Comment(2) | 発達障害

2018年07月24日

お砂糖には気を付けて

昨日、空腹を満たすために
ジャムを飲んでいる
芸能人をテレビで見ました。

すっ…すごい…
という感情と同時に
「危ないよ!」という言葉も
心の中で浮かびました。

空腹時に糖分を摂取する、
…ということは…

病気で言えば、
糖尿病などのリスクがありますが
メンタルで言えば
【精神不安定】
危険性が考えられます。

お砂糖にも
【覚醒作用】をもたらす
成分が含まれていると
言われていて

摂取と同時に覚醒して
それが切れるころに
また欲しくなるものです。

何より心配なのが
【血糖値の
 急上昇と急下降】です。

これを繰り返すことによって
メンタルに不具合が生じてきます。

特に
【発達障害の人は
      要注意】です。
お砂糖以外にも
たくさんありますけれど
多くの人が知っている情報ですが
ここで改めて知ってください。

定型発達でもそうでなくても
【食べ物は
  精神に影響する】ことを
忘れないでほしいと思います。


「どうしても甘いものを…」
img150404_3-540x360.jpg.pagespeed.ce.1D8nPmJX_3.jpg
甘党ならそう思うでしょう。
そういうときは
【オリゴ糖】はどうでしょうか。

オリゴ糖は
【腸に良い成分】でできています。
色んな考え方がありますが
「腸が健康の基本」という考え方は
私も賛成しています。

「果物ならいいでしょ?」
とも思いますが
酵素摂取には重要な果物も
「果糖は大丈夫なのだろうか?」
という疑問が浮かびます。

いずれにしても摂取の程度は
ほどほどに、お願いしますね(^^)
posted by whereabouts長谷 at 07:31| Comment(0) | 心の健康を保つ