2018年12月30日

気の利かない夫

今年も残すところ2日となりました。
カウンセリングをご利用いただいた
多くのお客様にお礼申し上げます。

また、来年は2日から承ります。
来年もどうぞよろしく
お願いいたします。


さて、2018年最後のブログは
なんとも残念なタイトルで(^^;
すみません…とか言いながら
「そうでもないよ」ということを
お伝えしたいと思います。

今回は「夫」が対象ですが
夫以外にも友人であったり
職場の人や恋人や、
他の人にも当てはめてみてください。

女性の立場からすると、基本的に
【気の利かない男性が多い】という
意見が多く聞かれます。
gahag-0030063140-1.jpg
例えば、
スーパーで買い物をして
重たい袋を抱えていても
自発的に持ってもらえない。

部屋の中で探し物をしていて
その姿を見ているにも関わらず
一緒に探してくれない。

女性の意見としては
【目の前に
 困っている人がいるのに】
それを見ていないことが
悲しくて腹立たしいのです。
(もちろん、
  男女逆の場合もありますよ)

特に、
発達障害の傾向を持つ人で
【指示待ちタイプ】の人であれば
気の利かなさは人一倍。

「あなたの眼には何が映ってるの?」
と感じるくらい無反応な場面に
たくさん出くわします。

女性はイライラします。

ただ、
【できることは自分でやりたい】
タイプの女性は、
【先回りして
 手を出されることを嫌います】

どちらかというと
私は、こちらのタイプです。

それに、
だいたいどの人でも同じでしょうが、
【困っていることを
  言えば手伝ってくれます】

ですから、私はよく、
【余計な手出しされて
  仕事増やされるのと
    どっちがいいの?】
女性のお客様に質問しています(^^;

理想は、
程よく気が利くことですけれど
私たちみんな、不完全なのだし

「言えば手伝ってくれる。」
これってちょうどいいと思いませんか?

人との付き合いの中では
【相手を許すこと】も大切です。

特にパートナー関係においては
【でこぼこの穴埋め】のように
お互いが苦手なところを
思いやりで埋める作業ばかりです。

【〜してくれない症候群】
思い切って捨ててしまいましょう。

《できることは自分でやる
   できないことは
      素直に助けを求める》
gahag-0110708709-1.jpg
助け合いとは、
【気の利かせ合いではない】ことを
念頭に置いてみてくださいね。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

12/31・1/1は
家族サービスのために
お休みさせていただきます。

来年もよろしくお願いいたします。
posted by whereabouts長谷 at 06:55| Comment(2) | 発達障害

2018年12月27日

出会いがないと嘆く人

今回は、相談事例の中でも
「恋人がほしい」
「友達が欲しい」という
お客様にお伝えしてきたことを
書いてみたいと思います。
gahag-0076081553-1.jpg
このようなケースでは
【出会いに行く人・待つ人】
大きく2つのパターンに分かれます。

その後に続くのは
【関係が深まる人・
    そこで終わる人】です。

さらに失敗を
【悔やむ人・バネにする人】
といったように、
どちらを選択しているかによって
その後の結果が変わってきます。

その中で一番
人とのつながりを増やせるのは
1.自分から出会いを求め
2.関係を深めることができ
3.失敗をバネにできる人、です。

それが理想ですけれど
なかなかうまくいかないのが現実。

【自信がない人や完璧主義者】
一度の失敗も
致命的だと思うでしょう。

また、
【自分の思い通りにならない】
簡単に縁を切ってしまうタイプや
愛情不足などの原因から
【挑発的な態度で関わろうとして】
嫌われてしまいます。

人との出会いが
うまくいかない人たちは
仮に出会いがあったとしても
【喜び以上に不安だらけ】です。

その関係が壊れたら…
信頼を築けるのか…
長く続けられるのか…などと
いつも不安にさいなまれ
その不安は
【相手をも不安にしてしまい】
関係が壊れてしまうことも。。。

ですから、
私がいつもお伝えしているのは
【数を打ったら当たる】作戦です。

失敗しても次がある。
次に出会う人は、今までの
【自分の失敗を知らない人】だから
とりあえず
【失敗はなかったことにして】
次の出会いを求めていく。

徐々に、出会うこと自体に
【慣れるようになるので】
関係を深めていくために
【吟味せず、
  とりあえず知り合いになって】
そこから大切なのが
【価値観のすり合わせ】です。

すぐに決断せず
【時間をかけてジャッジ】します。

これをくり返すことにより
気が付いたら
【自然に友達が増える】という
考えかたです。

何らかの理由があって
「できない」と思っている間は、
【できる能力がないわけではなく】
できないことを
【自分が選択したがっている】
思ってみてくださいね。

恋人も友達も
そう簡単には出会えません。
多くの出会いの中で
成立しやすい関係ですから
勇気を出してみてください。
gahag-0037263251-1.jpg
posted by whereabouts長谷 at 07:24| Comment(0) | 人間力アップ

2018年12月25日

なんか調子悪い

数週間前、
「なんだか調子悪いな〜」という
日が数日間続きました。

実際には、
予定が思い通りにいかない、とか
仕事が順調にいかない、など
ちょっとストレスになることが
重なっていたかと思いますが

その程度のことは日常茶飯事なので
「なぜ今に限って…」という
気持ちになっていました。

1年を通して考えると
そういった気持ちは時々起こり、
具体的な原因が見当たらないことも
結構ありました。

このようなとき、
自分でどう対処しているかというと
【前日食べたものの見直し】
取り組んでいます。
数日前というのも考えます。

(以前にもお伝えしたことですが
改めてお伝えしますね。)
gahag-0016630065-1.jpg
私たちには
アレルギー反応というものが
ありますよね。

たとえそれが
検査結果に現れなくても
【弱いアレルギー】
あると考えている
ドクターも世の中にはいて、
私はその考え方に
賛同している側の人間です。

なぜなら、
私自身、昔から健康優良児で
検査に引っかからない
野猿のような健康児だった…

…にもかかわらず
親には認めてもらえず否定された
【自分でも
   よく分からない不調】
抱えてきたからです。

例えばチョコレート。
私は、チョコを食べると
喉が痛くなります。
キウイやパイナップルも
時々喉の痛みが出ます。
でも、健康体です。

あなたは、
よく分からない不調に
悩んでいませんか?

もしも似たようなことがあるなら
数日前に口にしたものを
見直してみてください。

それは、
【分かりやすく
  身体症状には現れない】
だけど
【原因不明の
   メンタル不安定】として
感じられることがあるかもしれません。

私の場合は、
カップラーメンが怖いです。
息子はグラタン・シチュー系。
犬は、マカロニ。

こういうことが分かるようになると
なんとなく避けられるようになりますし、
分かったうえで食べていれば
後日の不調はリカバリしやすく
メンタルの安定を保ちやすいです。

クリスマスやお正月、
ただ食べ過ぎるということだけでなく
体内に入れるものにも
気を配ってみてください。

食事ってやっぱり
大切だなぁ、って思います。

あなたもぜひ、
自分の体内に入ったものの
確認をしてみてくださいね(^^)
posted by whereabouts長谷 at 07:39| Comment(0) | 心の健康を保つ