2018年12月22日

すぐに「面倒くさい」という

世の中には面倒くさがり屋は
たくさんいますよね。
私もその中の一人です(^^;
…が、必要に迫られて
面倒だと逃げられることは少なく、
致し方なく動いている次第です。笑。

ところが、
発達障害の傾向を持つ人たちでは
「面倒だ」といって
【必要なことでさえ】
サボってしまうタイプがいます。

ADHDタイプの人では
掃除や片づけ、歯磨きなど
【身ぎれいにすることさえ】
できないケースがありますが、
アスペルガータイプでも
【そのことにこだわらなければ】
必要なことを
サボってしまいがちです。

ADHDのタイプは
【早く興味の対象に
    たどり着きたい】から
必要なことをサボります。

アスペルガータイプは
【それに意味や目的を
     持たなければ】
必要ではないと判断します。

ところで、
上記のような行動面以外でも
「面倒」という言葉が
口ぐせの人がいるのですが
次のような時に出てきます。

・人と関わること
・何かを考えること
・意味を見出すこと

対応してきた事例の中で
話を聞きながら私が感じたことは
【面倒とは別の意味だ】
ということです。

「面倒」という言葉を
そのまま受け取ってしまえば
ただのサボり癖に思えますが、
話を聞いていると
サボりたいわけではないことが
伝わってくる事例が多く

面倒なのではなく、
【答えが見つからない】
【こだわりが捨てられない】
【興味を持てず辛い】
など別の意味があるように
思えました。

要するに
【自分自身と
  折り合いがつかない】時に
「面倒だ」と
つい言ってしまうということです。

このような時は、
「面倒」という言葉を流さずに
【ちょうどいい言葉を探して】
伝えてあげるといいかな、と思います。

【ちょうどいい言葉も
   見つけられないのが】
発達障害傾向を持つ人たちです。

新しい言葉を知ることで
さらに自身と向き合うことが
できるようになります。
365-peoples-free.jpg
知識豊富な人の場合では
新たな言葉を
過去の言葉と照らし合わせ
【自分なりの答えが】
見つかるかもしれません。

独特なコミュニケーションでは
ありますが、
このようなやりとりも
当事者にとっては
必要なことだと思います。
posted by whereabouts長谷 at 06:18| Comment(0) | 発達障害