2019年03月09日

発達障害者を支える人たち

私は、大人の発達障害当事者で
・診断が下りていない人
・健常者として働いている人
・パートナーや友達、親
を対象にして
ソーシャルスキルトレーニングを
行ったり(以下SST)
サポートの仕方や受け止め方を
伝えることを仕事にしています。

一般のメンタル系カウンセリングは
もちろんのことですが
ここ数年は発達障害を
絡めた事例がメインになっています。

それで、
先日お客様と話していて
改めて記事にしたいと
思ったことがあります。

それは、
発達障害当事者の場合であれば
【本人がSSTを望んで】
少しずつではありますが
【苦手を直接克服して】
社会に馴染んでいくことを
目的としていますが

パートナーや友達の場合
【関わり方や
  当事者の心境を知る】
ことができても
【当事者本人が望まない限り】
トレーニングに
つながる可能性は低いのです。

ただ、関わり方が知れると
【会話が成立しやすく】
当事者も心を許しやすい、
【心境が分かるから】
相手を許せる幅が広がる、
といったことが期待できますし

当事者が心を開くことで
それまで以上に
【関わりやすくなり】
当事者にも変化が見られます。

お互いが、別世界の人間で
お互いの新しい世界が
見えるようなイメージです。

ただ、
彼らのことが
分かるようになったからと言っても
【特性は消えないので】
多くを望んでしまうと
不仲になってしまいやすいです。

発達障害当事者からすれば
相手の関わり方が変わっただけで
【自分は何ら変わりはなく】
求められすぎるのは
苦しいと思ってしまいます。
gahag-0026399752-1.jpg
まとめますと、
私がお伝えできるのは
関わり方と心境だけで
【当事者が望まない限り
   苦手の克服は難しい】
ということです。

あえて言うならば
【私が通訳の役割をしている】
だけなのですよ。

二人の間で本当に困って
お互いが望むのであれば
支える側だけではなく
発達障害であるご本人が
自ら動き出すことが必要です。
posted by whereabouts長谷 at 07:41| Comment(0) | 発達障害

2019年03月07日

子どもっぽい大人

現在は20歳で成人、それももうすぐ
18歳に変わろうとしています。
けれども、
20歳になっても30歳になっても
【大人たちの
   子ども心は残ります】

心のバランスは
出来事や状況によって変化するので
【常に一定ではなく】
そのため
【子どもっぽい大人】
多く存在するものです。

例えば、分かりやすいのは
飲み屋のママに
甘えるおじさんとかwww
ママに甘えて
一日の疲れをとるのも良いでしょうね。

それ以外の
事例で多く出てくるのが
【注意をすると逆切れする】という
子どもっぽい大人のケースです。

・なんでも人のせい
・言い訳ばかりする
・論点をすり替える
・毎回捨て台詞ばかり
などなど、
困ったコミュニケーションになりがちで
そのようなタイプの人たちは
【改善が見込めず
   周囲が病んでしまう】ことも
起こり得ます。

この人たちというのは
注意する行為への認識違いがあって
・怒られている
・存在否定されている
・悪者扱いされている
といったことだけに
囚われている可能性があり、
【なぜそうなのか】
考えるのが苦手です。
(具体的な内容ということ)

いつも、
白か黒か、善か悪かなどで
自分や周りを評価するので
「注意された【自分が悪】
みたいな公式があるのでしょうね。

実際には、
注意した内容が大切なのに…。

特に、アスペルガータイプの人は
素直な人は多いものの
負の経験の積み重ねで
猜疑心が強くなっていることがあり、
【少しでも
  自分の意見と違うと
        敵とみなす】
という人が少なくありません。
557-peoples-free.jpg
でも実は、
負の経験そのものが
【勘違いで
  書き換えてしまったもの】
とも考えられます。

こういったケースで
振り回されて困っている人が
どう対応していくのかというと
正直、思い浮かびません。

…が、私なら…でいくと
【ひたすら失敗させます】

そして、当事者が
「もうどうにもならない」と
白旗を上げたところで
初めて支援をするでしょう。

それまでの間は
【失うものだらけ】かもしれません。
それでも
誰かのせいにして
自分の課題に向き合おうと
できないのならば
【待つしかないのです】

この記事を読んで
心あたりのある人は
結構たくさんいると思います(^^;

それほど
事例に多い話、なのですね〜。

ぜひとも
実際の職場に照らし合わせて
また、
プライベートでの関係も含めて
考えてほしいテーマです。
posted by whereabouts長谷 at 08:35| Comment(0) | 発達障害

2019年03月04日

アイデンティティにこだわる人

発達障害の傾向を持つ人で
アスペルガータイプの人たちに
多いかな、と感じるのですが
定型発達で不安の大きい人でも
【アイデンティティにこだわる】
タイプの人っていますよね。

・自分は何者か
・自分らしさとは何か
・自分とはそもそも何?

などの疑問をいつも
心の中で自分にぶつけ、
模索している状態です。

例えば、
アスペルガータイプの人は
【幼少時代から
  周囲との違いに気づき】
その違和感が何なのか
モヤモヤしながら
大人になっていきます。

【違和感の正体が
   分からなければ】
そこに折り合いをつけるために
【自分はこういう人間だ】
という定義みたいなものを
持とうとするものです。

そして、
大人になって社会に出た時
【自分を変えられる不安】
苛まれてしまいます。

私たちは本来、
色々な経験を経て学習し
【自然に変わることを受け入れ】
人として成長を続けますが、

もともとの違和感を持つ
彼らにとって
自分自身を変えることは
【居場所感の喪失】
【存在感の危機】
待っているのです。
gahag-0078964803-1.jpg
子ども時代はある程度
順応性があるタイプでも
大人になってしまえば
こだわりが取れなくなってしまい
人に素直に相談することもできず
いつも【自分をなだめて】
暮らしているようなものなので

アイデンティティの確立が
【かえって自己成長を
    阻害してしまう】可能性も
あるということになります。

「ほどほど」が苦手な
発達障害傾向を持つ人たち…
今は療育が充実してきましたし
今の子供たちが大人になる時
こういったことが
なるべく少なくあってほしいですね。

今、大人の人で
特性や傾向に悩んでいるのなら
勇気を出して相談してみてほしいです。
【自分が変わっても
    存在しててOK】ということを
ぜひとも経験してほしいですね。
posted by whereabouts長谷 at 07:27| Comment(0) | 発達障害