2019年04月18日

会話のバトンとは

私がよく使う表現で
発達障害傾向の人たちは
会話のバトンを
奪っていきやすい、
というものがあります。

前々回のブログにも
「会話のバトン」という言葉を
出しましたが
以前の記事を読んでいないと
意味が分からないと思いますので
今回はそれを説明します。

ちょっと
小学生の頃を思い出してください。
毎年、運動会がありました。
選ばれる人とそうでない人が
いたかもしれませんが
運動会では必ず
「リレー」がありましたよね。

リレーではバトンを持って走り、
定位置に立って待っている
次の走者に渡すのがルールです。

そのバトンを会話に例えると…

私たちは
一つ話したいことを伝えたら
相手に
【見えないバトン】を渡します。
そして相手が話し始めます。

このようにして
コミュニケーションを図るのですが
発達障害傾向の人たちが
バトンを奪うというのは
【自分の立ち位置で待てなくて】
走者のところに走り寄り、
スタートから3mとかで
バトンを持っていってしまう
という意味です。
gahag-0081717398-1.jpg
つまり、実際の例にすると
「俳優の〇〇さんが出ている
     △△という映画が好き」
…と伝えたくて言い始めたら

「俳優の〇〇さんが…」のところで
当事者が
「あ、あの人は□□に住んでいて…」
といった感じで
【話題を変えてしまう】のです。

そのまま饒舌に語り続け
結局、最初に話し始めた人は
【言いたいことが
  言えずに終わってしまう】
ということが多くあります。

発達障害傾向の当事者は
良い話ができた、とご満悦。
相手はガッカリしてしまうし
「もう会うのはやめよう」と
思ってしまうかもしれません。

これも
【周りの人が離れてしまう】
原因の一つです。

彼らは頭の回転が速く
IQも高いですから
思いつく速さの能力は
すこぶる高いのだと思います。

そんな賢い相手に言っても
伝わらないかもしれませんが
【私たちの脳は
 そんなに高速ではありません】

また、
【お互いのペースに合わせて】
会話をしなければ
例え定型発達の人であっても
避けられやすくなります。

会話をするのも
人気店の行列と同じように
【順番を待つ】ことを
心がけなければいけませんね。
posted by whereabouts長谷 at 07:29| Comment(0) | 発達障害

2019年04月16日

集団を避ける人

4/14(日)は公園で
仲間とランチ会を開催しました。
これで集まるのは5回目なのですが
気候も良く、散る桜を眺めながら
楽しい時間を過ごせました。

昨日の朝は寝起きから
鼻水止まらないし涙出るし
くしゃみも…
公園にいたせいなのかなぁ(^^;


さて、
発達障害傾向を持つ人や
愛着形成が上手くいかなくて
愛情不足で育った人では
【1人が気楽】なことが多く
集団で関わることを避けます。

それで
マズローという心理学者の
「欲求の5段階」では
人間の求める欲求の3番目に
【集団に属したい欲求】
というものがあるのですが

あるお客様から
「本当に
  孤独が好きな人には
     当てはまらない」
という意見をいただきました。

だけど、
仕事をしないといけないし
【仕方なく属している】とか。

私が思うには
心身ともに健康に生まれたとして
赤ちゃんの時から
孤独を好んでいるわけではなく
【何らかの経験がきっかけで】
孤独を求めるように
なるのではないでしょうか。

つまり、
集団に属したい欲求が
当てはまらない人には
何らかの
【未解決な課題が残っている】
ということかと思っています。
gahag-0008769577-1.jpg
集団に入るのが怖い人は
・恥をかくのでは
・バカにされるのでは
・仲間外れにされるのでは
などたくさん心配します。

日曜日のメンバーたちは
心理に興味を持って
私と関わっている人たちで、
初参加の人もいましたが
たくさんの笑いにあふれ、
はみ出す人はいませんでした。

なぜなら、そこが
【安全な場所だ】
みんなが認識できていたからです。

安全な場所にするためには
【自分を受け入れて
   もらうのではなく】
【みんなを受け入れる覚悟】
大切なのだと私は考え、
そうできる人たちに
集まってもらえた会でした。

この小さな経験が
今後の勇気につながれば
良いなと思います。
少なくとも
私にとっては成功体験でした。

あなたも、
小さな経験を重ねて
自己成長につないでくださいね(^^)
posted by whereabouts長谷 at 06:21| Comment(0) | 発達障害

2019年04月13日

ちょっとしたズレってどういうこと?

よく、
発達障害傾向を持つ人と
会話していると
・会話がかみあわない
・論点がズレる
・バトンを奪われる
ということが起こります。

「それは具体的には?」と
思う人も多いと思うので
今回は具体的に
例を挙げてみようと思います。


例)明日は急に気温が下がって
  寒いみたいだね〜。
⇒言いたいことは
 「明日は寒い」です。

それが、
発達障害傾向の人たちでは
「冷蔵庫の温度は…」
「自分の傘は…」
といった感じにズレます。

だから
【何の話をしてるの?】
疑問に思ってしまいます。

実は、ズレるというのは
発達障害傾向の人たちは
【脳が過剰に高速】
考えが一気によぎるので
ずっと先の話を
してしまうことが多い
ということなのです。

つまり、
例文の話については
【自分の中で完結させて】
そのずっと先の
連想される話をしている
ということです。

明日は寒い。温度が低い。
低いと言えば冷蔵庫…
みたいな感じで
【省略されすぎて】
何を言っているか分かりません。

本人も、
その間に何を思い浮かべたか
【具体的に言えないくらい】
一瞬にして考えが
過ぎていってしまいます。
gahag-0094629981-1.jpg
だから
会話がかみ合わないのです。

この場合、
「今は気温の話です」
などといって
話題を元に戻します。

残念ながら
会話を続けていると
多くの個所にズレが出るので
【都度、修正をかける】ことが
大切です。

例えば大切な話し合いでは
【紙に議題を書いて】
始めなければ
どんどん逸れてしまって
【何を言っていたか
  分からなくなります】

基本は
【視覚に頼ること】です。
参考になさってみてください。
posted by whereabouts長谷 at 05:29| Comment(0) | 発達障害