2019年04月11日

余計な一言で傷つけてしまう

発達障害傾向を持つ人は
言う必要のあることと
言わなくていい余計なことの
【区別が苦手】です。

例えば、
美味しいものを食べたことを
誰かに話す場面で
その相手が
同じものを食べたことが
あるかないかを考えず
【自分と同じ
  情報がある前提で】
話してしまうので
【会話がかみ合いません】

そして、
会話がかみ合わないことで
「あなたは理解が足りない」と
相手側を
責めることもあります。

詳しく聞いてみると
【事前情報が全くなかった】
などの原因が分かるものの
当事者には理解できません。

もし当事者が
「気をつけよう」と思って
事前情報を提供しようと
頑張ったとしたら
【時系列に沿った
     情報を全部】
話そうとしてしまい
【何が言いたいか
     分からない】
ということが起こりがちです。

その逆に
言わなくていい余計なことを
言ってしまうケースでは
【自分が思った
    素直な気持ち】
【ネガティブな言葉】だけが
言葉として出やすいです。

その時の視点は
【一人称】なので
【別視点での
   考えが浮かばず】
失言してしまうのです。

例えば、
パートナーの好きなところは
たくさんあるにも関わらず
「あなたの鼻の形は変だ」と
自分の思ったことを言います。

そこだけ言われたら
傷つきますよ〜。
それも突然そのような
【爆弾投入】をするのですから
怒りや反感を買っても
仕方がありません。
017-peoples-free.jpg
当事者の
「余計なことを
  言ってしまって
   場を凍らてしまう」
という相談は多いです。

言うこと、言わないことを
選べるようになるためには
トレーニングが必要で
それと同時に
【自分の考えの整理】なども
行っていく
必要があるかと思います。
posted by whereabouts長谷 at 07:25| Comment(2) | 発達障害