2019年05月22日

「ゴミ」の認識ができない

発達障害傾向を持つ人の
特性の中には
・こだわりが強く
・環境の変化が苦手で
・モノへの執着がある
ということがあります。

例えば、
長年履き続けた靴が
やぶれてボロボロになっても
「捨てたくない」と
頑なに拒むことがあって
”思い入れ”も考えられますが
【変わってしまうこと】
対する不安などから
捨てられない場合もあります。

また、
使い終わったボトルを
捨てていいか判断できない時
私たちなら家族に聞きますが
当事者で質問が苦手な人は
【その場に放置します】

「まだ使うかも…」の考え方で
空箱が捨てられないなど
【ゴミとして認識できない】
物が増えてしまう問題を
抱えている人もいます。

幼少期の場合には
キャンディーを口に入れると
その包み紙を
【床に捨てる】こともよくあり、
”ゴミ箱に捨てる”ことを
覚えるのに時間がかかる
子どもも多いです。

「大人なら、
  誰かに聞けばいいのにね〜」って
思いますよね(^^;
確かにそうですし、私も同感ですが
彼らは
【自己完結型】であったり
【質問の仕方が分からない】ことで
ゴミかどうかの【判断を諦めて】
その場に放置してしまうことが
多いのかな、と思います。

このようなタイプの人は
「ゴミの認識」だけでなく
【モノそのものへの考え方】
について話し合っていくことが
大切かと思います。

幼少期であれば
キャンディーをあげる前に
ゴミ箱を持ってこさせるなど
ママと一緒にトレーニングを。

大人であれば
本棚や洋服ダンスなど
モノが溜まっているところを
【一緒に整理し】
捨てるものとそうでないものの
【区別の仕方をレクチャー】
してあげることが大切です。

このとき、支援者が強制的に
捨てさせるのではなく
【本人に納得してもらって】
本人に捨ててもらいます。
「できたね」
「スッキリしたね」など
【良い言葉かけを】してください。

彼らがゴミ屋敷を作りあげるほど
こだわり始める前に
【早い段階での取り組みが】
大切ですよ。

「大人なんだからできるでしょ」
などと、面倒がらずに
手伝ってあげてくださいね。
gahag-0002111571-1.jpg
posted by whereabouts長谷 at 16:21| Comment(0) | 発達障害