2019年05月24日

声と言葉の調整ができない

※5/25(土)・5/26(日)は
 研修のためお休みをいただきます。

=================================

以前にも同じ記事を書きましたが
発達障害の傾向を持つ人たちは
声のコントールが苦手で
【自分基準で
  声と言葉の調整をしやすく】
周りの状況を考えたり
相手の聞こえ具合を考えたりが
できなくて迷惑をかけることが
色々な場面で起こっています。
00663-peoples-free.jpg
例えば、
嬉しくて興奮しているときは
店中に響き渡るほどの
大声で喜んだり笑ったりしますが
落ち込むことがあった時には
蚊の鳴くような、
何を言っているか分からないくらい
小さな声になってしまう人もいます。

自分の話したいことがあると
まくしたてるように早口になり
話すことがないときは
怒っているのかと思えるほど
寡黙にその時を過ごします。

また、
【聴覚過敏や鈍麻】によって
どの程度のボリュームで丁度いいのかが
分からないケースもあります。

これを改善していくには
【身近な人への
    こまめな確認】
できると良いと思います。
「声、大きすぎない?」
「このくらいの速さで聞ける?」など
確認すると良いでしょう。

中には
”早口なのは頭がいいから”と
言い張る人がいますけれど
確かに頭の回転は速いのでしょうが
【言葉は伝達ツールである】ことを
見落としてはいけません。

自分が一方的に話したいなら
スマホの録音機能でも使って
好きなだけ一方的に
話せばいいのです。

誰かに対して話す時には
大声が良いわけではなく
早口がカッコいいわけでもなく
【相手の理解を
  得られることが基準】になります。

また、
【言い負かすことを
      目的にせず】
双方の意思伝達のために
言葉と声を使うことを
忘れないよう心がけてください。

まとめますと、
声のボリュームは
・部屋の大きさ
・相手との距離
・周りの人の声量
などを参考にしてください。

言葉の速さについては
(早口の人は)
・ゆっくりすぎるくらい
を心がけると
全体的にちょうど良く
なるかと思います。
posted by whereabouts長谷 at 08:55| Comment(0) | 発達障害