2019年08月31日

役割分担が難しい

以前「手分けができない」という
記事を書いたことがあったのですが
今回、改めて書きます。

発達障害の傾向を持つ人たちは
人との関わりが希薄で
【集団行動が苦手】と言われています。

1対1は大丈夫だけど、
3人以上になると付き合いにくい
という話もよく聞きます。

色々な理由がありますが
その中の一つに
【居場所感の喪失】があり
自分が話している時は大丈夫でも
自分以外の誰かが話し始めると
「自分はどうすればいいのか…」と
考えてしまうようです。

相談事例では、集団での習い事で
大勢での準備をやるとき
自分は何をすればいいのかが
分からなくて挙動不審になる、
というものがありました。

ここで考えられるのは
・自分だけのテリトリーではない
・指示役がいない
・自分の役割が分からない
などです。

そうなると、
誰かが起こしている行動を真似て
同じことをやってみようと思います。
ですが、例えば掃除をするとして
同じ場所を同じように掃除すると
ムダが発生します。
「そこはいいから他をやって」と
誰かに言われても
他の何をすれば良いのか分かりません。
gahag-0023121871-1.jpg
このようなことは
家庭内でも起こることがあります。
年末の大掃除などでは
目についたところ、
思いついたところから片づけますが
発達障害の傾向を持つ人たちは
【計画が立てられない】
【自分だけのテリトリーではない】
したがって
【指示が出るまで動けない】
といったことが起こりがちです。

こういった場合には
作業に取り掛かる前に
役割分担をきっちりすることと
【その都度指示すること】
大切かと思います。

「自分で考えてよ」
「言わなくても分かるでしょ」は
通用しません。
自分で考えさせていたら
永遠に見つからないかもしれません。

発達障害傾向を持つ人たちが
永遠に自分の役割を見つけられない、
と言っているわけではありません。

何度か繰り返すうちに
【覚えていくことができます】
それを最初から自分で考えろ、と
突き放さないであげてください。

彼らは自ら生み出すことが苦手でも
【マニュアル化させることは
       得意かもしれません】
ですから、
根気よく具体的に指示してくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 07:37| Comment(0) | 発達障害

2019年08月29日

収集癖とマイブーム

あなたは、何か好きな物があって
コレクションすることなどの
趣味がありますか?

私は…今どきは
ダウンロードが流行りですが
つい、音楽CDを買ってしまいます。

ところで、
発達障害傾向を持つ人たちには
【収集癖やマイブーム】的な
もの(事柄)がある人が多いです。

小さい頃からよくあるのは
「鉄道系」です。
プラレールなどにハマり、
きれいに並べたり
乗り物図鑑をずっと読んだりして
とっても詳しくなっていきます。

その子たちが大人になると
鉄道の追っかけになります。
全国のレアな鉄道を求めて
カメラ片手に走り回るでしょう。

ただ、鉄道好きだからといって
【みんなが特性を
  持っているわけではなく】
そういう人が多いですよ、
ということなので誤解しないでください。
gahag-0033396962-1.png
何が好きか、
何にハマっているかではなく
【度が過ぎる】のが
発達障害傾向の人たちに
ありがちなことなのです。

例えば、
何らかの好きな物や事柄に対して
【生活費の大半を費やす】ことや
家族に色んな我慢をさせて
【趣味を最優先にする】ことで
周囲の人たちが
困ってしまう場合があります。

もしも私が先の予測をせず
好きなCDを集めまくっていたら
家の中は【CDだらけになり】
生活スペースがなくなるでしょうし
生活費も困窮してしまうでしょう。

私のルールでは
【棚に納まりきるだけ】ですので
CD用の棚から、はみ出しません。
この点で【衝動性が抑えられなければ】
周りに迷惑をかけてしまうのです。

特性を持つ彼らは
全てを揃えたいという【こだわり】
今すぐ手に入れたい【衝動性】
コントロールが上手くいかなくて
迷惑をかけ失敗してしまう、
ということが多いかもしれません。

また、中には
【飽きっぽい】ために
お金をかけて手に入れても
すぐに手放してしまうケースもあります。

こういったことを解決するには
【周囲の助言と
  本人の価値観の変化】
ポイントとなるでしょう。
あまり身近な家族などですと
当事者が聞く耳を持たないことも
よくありがちなことなので
【第三者や専門的な人が】
助言することが大切かと思います。
posted by whereabouts長谷 at 11:03| Comment(0) | 発達障害

2019年08月27日

理解してくれない相手を責める

 =======================
本日午後から8/28(水)終日、お休みをいただきます。
 =======================

誰にでも言えることなのですが
コミュニケーション能力の低い人や
言葉足らずな人などとのやりとりでは
【話の意味が理解できず】
何度も聞き直さないと分かりません。

繰り返していると
途中から話し手を怒らせてしまう、
ということがよく起こります。

「なんで、そんなに
  理解する力が足りないんだ!」などと
怒られてしまったら
「そんなに自分が悪いのか…
       能力が低いのか…」と
落ち込む人も多いものです。

もし怒っている相手が家族なら
常日頃、怒られ続けますし
自分の無能さを感じ続けます。
それによって
【うつ状態や不安】になり
心身を病んでしまうかもしれません。

また、
自分の苦手を相手に押し付けるとき
主語が無くても、意図が伝わらなくても
【感じ取れ、
  と強要される】こともよくありがちです。

いずれにしても
【伝える力の弱さ】
本人が気づいておらず
理解できない相手が悪い、と
なりがちなのです。

これが、男女関係になると
【カサンドラ症候群】
きっかけになりやすいです。

このような時は
【聞き手の判断力】が重要で
本当に自分が間違っているのかどうか、
相手の伝えている内容はどうか、
【精査する力】を鍛えてください。

そうすると、
【的確に質問】できます。
質問すると
感情的に返ってくるかもしれませんが
落ち着いたころを見計らって
再度、聞いてみましょう。

・誰が〜だったの?
・いつ〜したの?
・〇〇さんは何を〜だったの?
といった感じです。

話の腰を折って質問すると
怒りを買いやすくなりますので
全てを聞き終えてから
質問するようにしてみてくださいね。

もし、自分自身の伝える力が弱く
自信が持てない場合には
あらかじめ
「分からない所は
   質問してくださいね」と
伝えるようにしましょう。
gahag-0054599706-1.jpg
posted by whereabouts長谷 at 08:34| Comment(0) | 発達障害