2019年09月07日

挨拶の中で大切な言葉

前回、挨拶はストロークだという
内容の記事を書きました。
そして、大切な挨拶について
今回はお伝えします。

おはよう、おやすみ、
ありがとう、ごめんね
などの言葉ももちろん大切ですが
発達障害の傾向を持つ人たちは
【コミュニケーションが
        希薄な場合】
どの言葉を発した方が良いのか
判断がつかないということもあります。

中でも【ちょっとした声かけが苦手】です。

ちょっとした声かけも
前回のとおり
【ストローク】だと思ってください。

例えば、狭い通路で
「ちょっと後ろ通るね〜」
ひじがぶつかったら痛くなくても
「あ、ごめんね〜」
といった声かけができない人が多いです。

また、どこかに出かけた時など
誰かとペースを合わせて
一緒に行動するのが苦手な時
【黙っていなくなる】人が
結構多いのです。

マイペースというよりは
自分勝手に思われてしまいます。

そういったときに
「〇〇のコーナーにいるね」とか
「戻ってくるまで待っててね」など
声をかけておくことで
相手は安心することができます。

自分基準で物事を考えがちな
発達障害傾向の人たちは
【イレギュラーなことが苦手】なのに
こういったケースについては
他人にとってのイレギュラーを
当事者が生み出しているという
自覚がなさすぎます。

それは家の中でも同じです。
リビングにいた当事者が
立ち上がってどこかに行ったけれど
戻ってくるのか分からない。
待っている家族は
いつまで待つのか分からない。

「スマホ取ってくる」
「自室で〇〇してくる」
「ご飯は食べるから残しておいて」
こういった言葉が不足しています。
gahag-0079994052-1.jpg
いちいち報告する義務があるのではなく
相手にも分かるようにすることで
【お互いの時間を大切に】できます。
(相手の時間にムダが発生しません)

自分勝手にならないよう
【同じ空間に
  相手がいることを忘れず】
ちょっとした声かけができるよう
トレーニングしてみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 16:33| Comment(0) | 発達障害