2019年10月31日

「修正可能である」と伝える

発達障害の傾向を持つ人たちには
【独特なルールがあり】
それを守りながら生活することで
安心を得ていることが多いです。

その中でも
面倒なことになりやすい一つに
【情報の修正ができない】という
謎の現象が存在します。

どういうことかというと
”絶対に間違ってはいけない”
強迫的なレベルで
失敗することを怖れる人が
自分の伝えたいことを
上手く伝えられなかったとき
【発言したのだから
  変更してはいけない】と考え
相手にひどい言葉を言い放ち
訂正できないようなことです。

そうは言っても
【自分の考えを
  的確に表現できないので】
間違った発言をすることの方が
発達障害当事者には多いのです。

思っていることと
反対のことを言ってしまうのもそう、
喉元まで出ている言葉を
音に変えた途端に
思っていたことと違ってしまうのに

その発言を修正できなかったら
【ただの酷い人】ですよね。

そして周囲は
それを真に受けてしまって
傷つけられているのです。

それは逆の場合にも起こります。
相手の発言を
【間違って解釈したまま】
すぐさま思い込みに変換され、
相手が言い直しをしたとしても
当事者の勘違いを指摘しても
「いや、あなたはそう言った」と
発言していないことも
発言したことに変えられてしまいます。

このような失敗が多いタイプは
【話す前のルール作り】
大切なのではないかと思います。

ルールと言っても簡単で、
”お互いに、間違いはいつでも
 修正しても良いことにします”
などと確認しておくだけです。
syuuseitape-540x330.jpg.pagespeed.ce.9-wrnoL-Be.jpg
「間違えてもイイ」という考え方を
発達障害当事者に許可するのです。
それによって
少しだけ安心して話せるかもしれません。

なんとも、ややこしい話ですが
口論になってしまったり
関係が悪化してしまったりの原因に
このパターンが関わっていることが
多いかと思いますので
あえて、【許可を言語化する】ことで
乗り切れたらいいなぁと考えています。
posted by whereabouts長谷 at 08:11| Comment(0) | 発達障害

2019年10月29日

「一時的に〜」を覚えよう

前回の記事で
「尊重することの理解」について
取り上げてみましたが
もう一つ、
別の考え方を紹介したいと思います。

私たちは、人との会話の中で
「譲り合って」話をしています。
行動についても同様です。

ですが、
発達障害の傾向を持つ人たちは
【自分のマニュアルに沿って】
物事を進めたい気持ちが強いので
相手の気持ちを汲み取って
合わせることが苦手です。

そのため、
「融通の利かない人」
「頑固な人」などと
思われてしまいます。

発達障害傾向を持つ人たちから見ると
私たちの譲り合いが
どういうことか分からない、
と思っている人も多いようです。

それは”相手に合わせて
   自らを変えてしまうこと”
考えてしまうこともあるようですが

実は、そういうことではなくて
【一時的に譲っているだけで】
根本の考え方などには
影響していないのです。

だからといって、
小麦粉アレルギーの人が無理をして
友達に合わせてピザを食べるような
【生死にかかわることではなく】
本当に、今譲ったとしても
【その後は何ら変わらない】
状況の時に譲っているだけです。

ここで、
どうしても譲りたくないタイプは
【自分の満足のためだけに】
そうしたくなっているという
こだわりかと思いますし

自分のマニュアルにはないことを
取り入れるのは怖いという
考え方の人もいると思いますが
実は、
【経験してしまうと、
    そうでもない】という人が
たくさんいることを知ってください。

「譲る」という言葉が難しいなら
【一時的に相手に合わせる】
考えてみてください。
00688-peoples-free.jpg
今、誰かに合わせたからといって
これまで積み上げてきた
当事者の能力や考え方が
【全て変えられるわけではなく】
新しい経験として上書きされ
【人としての成長の一部】
なるということです。

発達障害の傾向を持つ人たちは
怖いという気持ちから
石橋を叩いても渡らないことが
多いと私は感じるのですが

「ホントは〜したいのになぁ」と
思う時に、
勇気を出して相手に合わせてみる。
すると、思いのほか楽しかったり
盛り上がったりするかもしれませんね。
posted by whereabouts長谷 at 07:23| Comment(0) | 発達障害

2019年10月26日

尊重するってどういうこと?

人間関係を良好なものにするためには
”お互いの気持ちを尊重し合う”ことが
大切だと言われています。

ただ、
「尊重」という言葉そのものを
どう解釈するかによって
対応の仕方は異なってきますので
理想ってどんな感じかなぁ…
というのを言語化して
記事にしたいと考えました。

発達障害の傾向を持つ人たちは
【両極端な考え方を
     することが多く】
尊重という言葉一つにしても
勘違いしてしまうことが考えられます。

例えば、
相手の気持ちを大切にすることは
【相手の要求を全て呑むことだ】
誤解したとします。

最初は、そのように心がけて
相手の意思に従うかもしれませんが
【自分の意思には反しているため】
徐々に心のバランスが取れなくなり
イライラしたり
暴言を吐くかもしれません。

相手の要求を全て呑むのだから
【自分の意思は失くしてしまう】とも
考えてしまい、
気持ちが整理できなくなってしまいます。

「お互いの気持ちを尊重するのだから」
当然のことながら
自分の気持ちも大切にする必要があります。
もしも、それが相手の意思に反していても
相手の思いを受け止めながら
自分も主張します。
そして、そのズレを
【話し合って妥協点を見いだす】のが
大切なことなのです。

ここで気をつけたいのは
「自分は100%譲りません」という態度では
上手くいかないことです。
相手だけ、もしくは自分だけを
大切にしていると
必ずどちらかに不満が生じます。

そして「受け止める」ということも
勘違いしてしまう場合が多いので
具体的な例文で示すと

相手)今日は和食がいいなぁ
当事者)私は洋食がいいのだけど…
相手)そうだね、どうしようか
当事者)じゃぁ、お昼ご飯と晩御飯で
    それぞれ食べようか。
相手)それ、いいね!
当事者)まず、お昼はどっちがいい?
…といった感じです。

絶対に和食じゃないとダメな理由や
洋食じゃないと受け入れられないなら
【説得する力をつけて】
説明しなくてはいけません。
理由もなく、どちらかの意見を
押しつけ合うと関係が悪くなります。
gahag-0116684640-1.jpg
「尊重」ということの意味は
【相手が大切だと
    思うことを肯定する】
と、考えると良いかと思います。
お互いがそう思うのですから
相手も、自分が大切に思うことを
大切にしてくれるので
【お互いが認め合える】
良い関係になれるのではないでしょうか。
posted by whereabouts長谷 at 06:59| Comment(0) | 発達障害