2019年10月03日

なぜプライドの高い人が多いのか

発達障害の傾向を持つ人たちは
【プライドの高い人が多い】
と言われています。
自分の能力を誇りに思い
自分の信念を貫こうとし
正義感も強い人が多いです。

ですが、これが悪く出てしまうと
周囲はこのように感じます。
・頑固で融通がきかない
・威圧感で恐怖する
・意見を取り入れてもらえない
・自分勝手な人だ
・人を見下す人だ

これでは、
人間関係は上手くいきません。

それに、
本当にプライドを持っている人は
【自分の意見を持ちながらも
       人の意見も聞けます】
【承認欲求は
   さほど強くありません】
【誰かを見下したり
   批判ばかりしません】

どういうことかと言うと
当事者たちのプライドが高い。
という表現についてが誤りで
本当は
【自信がないから
   虚勢を張っている】
正しい表現だと私は思います。

だから、周囲が正論で
当事者に圧をかけて正したとすると
当事者は心が折れてしまって
うつ状態に陥ったり
希死念慮が出てきたりして
とても極端な変容が起こります。

結局のところ
プライドを高く見せながら
【自分が自分を
  受け入れられていない】のです。
それが周りにバレないように
一生懸命がんばっているのです。
182-peoples-free.jpg
そう考えたとき
「そんなに頑張らなくていいのに…」と
思うのが私たち支援者側で、
本当の自分を見せてもイイよという
メッセージが届くように
アプローチしています。

プライドの高い人は
・著しい認知の歪み
・思い込みの強さ
・自分が良いと思ったものが絶対
という考えを持っていることが多いので
いわゆる”二次障害”として表われ
自分を苦しめてしまったり
周囲を困らせたりしてしまいがちです。

そうまでして
【自分の心を守っている】のです。

けれど、許されない行動言動も多く
例えば家族に対して
威圧的で支配的、所有物化して
周囲を病気にさせてしまうことも
相談事例ではかなりあります。

まとめますと、
プライドの高い人が多いのではなく
多くの発達障害傾向の人が
【虚勢を張っている】のです。
そうやって心を守っています。

当事者にとっては
辛口な内容の記事になりましたが
当事者に向けて言いたいのは
「完璧な自分を目指すのでなく
 自分のダメなところを認め
 それも含めた自分と
 うまく付き合えるといいですね」
という感じになります。

考えかたや対応法については
次回また書きたいと思います。
posted by whereabouts長谷 at 17:06| Comment(0) | 日記