2019年10月15日

事例〜被害者意識の高い人〜

アスペルガー傾向を持つ人が
人との関わりが希薄なのは
自分の頭の中に
色々な気持ちや考えがあっても
【言葉として
  表現することが苦手なため】
他人と気持ちを通い合わせるのが
上手くいかないことが多い、
というのが理由の一つです。

そのため当事者たちは
【自己対話によって】
物事の結論を出すことが多く
・強い思い込み
・一つの視点だけの結論
・偏った信念
などを持ちやすくなります。

そして
【自分の決めた方法を
     曲げたくない】という
考えを持っている人が多いので
就職した先などで
人間関係にも業務にも
良くない影響が出ることがあります。

その中でも多いのが
【教えた通りにしない】ことです。

何か一つの業務手順を教えられ
それを遂行するための
手順通りに行わず
【自分のやり方を貫き】
ミスをしてしまったり
時間がかかってしまったりして
迷惑をかけてしまうことがあります。

この時、当事者は
「自分のやり方を曲げたくない」
という強い思いがあります。

「他の方法もあるよ」という助言が
「自分の何が悪いのだ!」という
怒りに変わることもあります。

それによって反発心が生まれ
態度や言動が悪くなって
人間関係に亀裂が入ります。

こういった場合、
”郷に入れば郷に従え”
知らない人が多いので
できれば就職前や面接時に
そのことを伝えなければなりません。
gahag-0088872903-1.jpg
当事者が理解できていない場合
【注意されていることの
   意味が分からないので】
・理由なく注意されている
・自分だけ攻撃されている
・悪いことをしていないのに
       いじめられている
といった誤解をされてしまいます。

被害者意識の高い人の中には
こういった思いから
何でも【自分が悪いのか】
考えてしまう人がいます。

次回は
”良いか悪いか”で考えがちな
人たちについて書きたいと思います。
posted by whereabouts長谷 at 07:37| Comment(2) | 発達障害