2019年11月23日

イレギュラーでパニクらないために

一昨日の出来事ですが
夜、飲みに行った帰り道
すごい車を発見!!!
本人には申し訳ないけれど
「コントみたいだ」と思えて
了承を得て、写真をパシャリ。
IMG_20191121_230123.jpg
どうやら
友達の所に遊びに来たらしく
運転している最中に
前輪がはずれ、ボルトは吹っ飛び
JAF待ちのタイミングだったようです。

とにかくケガ人が出なくて
良かったと思いながら
その若いお兄ちゃんに
「これ…修理が大変そうだね」というと
(前バンパーも逝ってたし)
「いや、そうでもないよ」と楽観的。

適当なのかと思いきや、

「ここをこうして、こっちをこうして…」
(ごめんなさい私にはわからない。笑)
「だから大丈夫だよ」とのこと。
あぁ…つまり分かっているのね。

もし私がこの状況に陥ったら
JAFの連絡先すら
動揺して見つけられないかも(;´・ω・)

さて、この話の延長で
【イレギュラーが苦手な人】
自分にとって理解できない状況や
初めての分からない事態に陥ると
パニックを起こして
・一人で怒り出す
・挙動がおかしくなる
・人の話が聞こえなくなる
・イライラした態度
・誰かや何かのせいにする
といった状態になりやすいです。

そのため、
周りにいる人たちが
当事者に手を付けられず困惑します。

どうやら、パニック中の当事者は
その時の
【自分の状況を覚えていないのか】
事が落ち着いた後には
【何事もなかったかのように】
ケロッとした顔をするので
さらに周囲は困ります。

当事者は、
「自分の何が悪いのか」を
理解することができないまま
周囲に敬遠されてしまいやすいので
まずは、イレギュラー発生時に
【一つだけ、答えを用意する】
ということから始めましょう。

どういうことかというと
一つの状況(事態)に対して
【ヒントをくれる確実な方法】
一つだけ用意するのです。
上記のお話でいくと
「車が壊れたら、JAFに連絡」
みたいな感じです。

もっと日常的なところに当てはめると…
「突然の予定変更を言い渡されたら
    とにかく手帳をすぐに眺める」
「スーパーで財布を忘れたら
  店員にカゴを預かってもらう」
「電車が止まってしまったら
   まずは取引先に連絡する」
といった感じです。

もちろん、それ一つでは
解決しないことばかりですが
「まず」一つを覚えることで
【冷静になるまでの
   時間を短縮させる】ことが
そのあとの行動を変えるのです。

パニックになった当事者は
「まず…が出てこない」という
経験をくり返しているようです。

人は誰でもパニックになると
その状況を飲み込めないし
冷静に動けないものです。
実際、事故現場では
エンジンを切ることすら忘れて
ガクブルの人もいます。
だからこそ、
発達障害傾向に関係なく
私たちは【日頃から心の準備を】
しておくことが大切です。
posted by whereabouts長谷 at 07:07| Comment(0) | 発達障害

2019年11月21日

形から入る人が多い

アスペルガータイプの人は
何かに興味を持ったとして
それを始める時には
立派な道具一式を揃えるなどして
【形から入る人が多いです】

言い方を変えれば
「用意周到」とも言えるのでしょうが
ブームが去ってしまうと
全てが無駄になってしまうので
一緒に生活している家族は
とても迷惑している…なんて話も
よく聞かせてもらっています。

アスペルガー「あるある」として
【コレクター癖】を持つ人が
多いことは知られていますが
別の視点で考えると
ただ並べて眺めて楽しい、
というだけではなくて
【揃っていないと不安になる】
考えられるかもしれません。

たとえば
料理を始めようと思った時
鍋、ボウル、おたまetc…
色々揃えなくてはいけませんが
ポテトサラダを初めて作るのに
なぜか、肉叩きやミキサーまで
買ってしまうことがあります。

周りから見れば
「もったいない」「無意味だ」と
思える行動だとしても
いざ必要になった時に
【それがなかったら
   料理が完成しない】などと
思ってしまうのかもしれません。

また、一つの調理器具には
一つの機能しかないと考えていれば
ポテトサラダのための
マッシャーがなかったときに
フォークをつかう発想がなく
【代用できるものが想像できない】
ところも関係しているかもしれません。
gahag-0058578111-1.jpg
アスペルガータイプでは
【揃うことが気持ちいい】
感じる人が多いように思います。
だから、一つ欠けていたら
気持ちが悪いと感じてしまい、
【こだわり発動】してしまいます。

これを防ぐためには
【計画の段階から手伝う】ことが
家族やパートナーに求められます。

必要なもの、購入するものをメモし
【メモの内容以外の
   ものは買わない】約束をし
少しずつ必要なものを
増やしていくように伝えてください。
posted by whereabouts長谷 at 07:51| Comment(0) | 発達障害

2019年11月19日

心が通わない理由

コミュニケーションの学習では
必ず出てくる情報なのですが
私たちは【言語と非言語の】
両方を使って
コミュニケーションをとっています。

驚くことに、
言語は”言葉・文字”などで
コミュニケーション全体の
【わずか4割弱程度でしかなく】
残りの6割程度
【非言語コミュニケーション】
日頃やりとりしていることになります。

非言語コミュニケーションには
様々なものがありますが、
【しぐさ・態度】が大きく影響し
さらに【声の強弱や抑揚】なども
関係してくるのです。
00795-peoples-free.jpg
さて、コミュニケーションの苦手な
アスペルガータイプの人に
これを当てはめてみますと…

・目を合わせるのが苦手
・挙動不審
・言葉が選べない
・ぶっきらぼう
・声のコントロールが苦手
・興味を示しにくい

このようなことが重なると
当たり前のことですが
【周囲への印象は悪く】
仮に表面上うまくいっても
【より一歩踏み込んだ
   関係になりにくい】
と、言えるでしょう。

つまり、
言葉でいくら上手に関われても
【態度が伴わなければ】
本当の深い付き合いが難しい、と
考えられます。

発達障害関連の相談では
「今一つ、人と心が通わない」
という発言をよく耳にします。
それは単に、
【自分の気持ちを
   表現するのが苦手】だけでなく
相手から見る当事者の
【印象が悪く見えてしまう】
ということも含まれています。

ただ、
ある程度の努力で改善はできても
【特性であるなら消失しない】
行動や言動と言えますので
当事者は、自分を責め過ぎず
【やれることは、やる】
気持ちを持ち続けながらも
【ダメな自分を受け入れる】
部分も大切かと思います。

なぜなら、
雑談の苦手な人が克服するには
練習するほか方法はありません。
脳機能をいじることが
できないわけですから
【トレーニングで強化する】しか
やり方が見つからないのです。

誰かや何かのせいにしないで
まず、現時点での自分はどうか
苦手は何か、得意は何か…
【他人の評価も踏まえつつ】
自身の見直しから始めることが
必要なのではないでしょうか。
posted by whereabouts長谷 at 07:50| Comment(0) | 発達障害