2019年11月05日

はっきり言わなければ分からない人

発達障害の傾向を持つ人は
【人の顔色を伺う割には】
【勘違いすることが多く】
【読みを間違える】
ということがよくあります。

当事者としては
一生懸命考えたり
一生懸命気を遣っているのですが
ちょっとズレてしまいます。

それで、
当事者と関わるにあたって
私たちは思ったことを
【ハッキリと伝える必要があり】
そうしなければ
分からない人ばかりです。

時に、
「ハッキリ言ってるのに伝わらない」
という現象も起きます。

例えば、
目を見るのが苦手な当事者だと
顔を見ることを避けるので
怒っているのかどうか分からない、
という場合や
非言語コミュニケーションに必要な
声色を区別することができない
という場合もあります。

それ以外でよくあることは
・注意しても聞き流す
・本気で受け止めようとしない
・自分のことばかり言う
といったことで
「もういい加減にして!!!」と
周りと怒らせてしまいます。

そうなると、
トラウマを抱えやすい当事者には
基本的に淡々と伝えるのが
本来の関わり方なのですが
【怒鳴るまで分からない】
ということが発生します。

それは不適切な対応ですが
「そこまで言わないと分からない」
ということも大いにあります。

そのため結果として
【傷つけてしまうことになり】
もし、傷つけることを避けるなら
周囲の人間が
【身を削って我慢することになり】
どちらかが痛い思いをするのです。

正直、そのやりとりは
とてつもないエネルギーを使い
消耗して疲れます。
だから
【当事者から離れることを選択し】
関わることを止めてしまうのですね。

発達特性のある人と関わる際、
すぐに結論付けるのではなく
・分かりやすい表現をする
・考えはハッキリと伝える
・当事者の考えを丁寧に聞く
・冷静に怒りを伝える
この流れを試してみて
どうしても良好な関係が難しければ
離れる選択も致し方ないかと思います。

私はいつも
発達障害関連の記事を書きますが
彼らと絶対につき合ってほしいとか
全てを理解してほしいと
思っているからではありません。

ひとまず、大ざっぱに理解し
コミュニケーションを試してみて
【ちょうどいい人間関係】
見つけてほしいと願っています。
gahag-0106543276-1.jpg
posted by whereabouts長谷 at 08:07| Comment(0) | 発達障害