2019年11月30日

自分が何を選べば納得してもらえるのか

さて、今回は発達障害から離れて
みんなに共通する話題になります。

これはお客様からの話題がヒントに。
私も若い頃に同じ経験をして
同じように悩んでイライラしたことを
よ〜く覚えているのですが。。。

例えば上司に言われたことに従うと
別の先輩から文句を言われたり
Aちゃんに従ったら
Bちゃんに怒られたなど
あなたは経験がありませんか?
私には、こんなことばっかりでした(^^;

OL時代は飲み会に参加することが多く
そこでは上司や先輩の体験談を
聞かせてもらうこともあり、
そのような中で時々出てきた
決まり文句のような言葉…
【結局、自分がどうしたいかだよ】

そのセリフに振り回されている若者は
過去の私や、お客さまだけでなく
世の中でも少なくないのだと思います。
冒頭の会話内では
「何を選んだらいいのか
      分からないのです」と
お客様は頭を抱えていらっしゃいました。

上に立つ人物は、下に人が増えると
【あたかも偉くなったかのように】
知ったかぶりな言葉を並べ立て
もっともらしい発言をしています。

若者は、それを真に受けてがんばりますが
毎度【違うんだよな〜】と指摘されて
正答がもらえないので戸惑うだけです。

せめて、
【答えを見つける方法】を与えるよう
上の人間が【説明できる力をつけて】
偉そうぶってほしいなぁ、と思います。

それで、結論をまとめますと
若いということは
【経験値が低い】ということです。
だから何が正解か、
自分の考えに従うことが不安なのは当然。

そして年輩の人に比べれば
興味のある特定の分野はさておき
【全体の情報量が少ない】です。
だからそれが本当に正しいか
【確証につながる根拠が少なく】
やはり決められなくても当然なのです。

そのことに対し、ただダメ出しだけで
ヒントすら与えないのは
【上の人間に能力がない証拠】です。
できる上司、先輩は必ず
【成長につながる
   ヒントを提供しています】

ダメ出ししかしない人たちは
【ただ文句を言いたいだけ】
なのかもしれません。
だから、何を言っても納得はしないでしょう。
gahag-0074842912-1.png
ですから、
このようなことで悩んでいる人は
一つひとつ真に受けて取り合わず
【聞き流すか、
  その人の分析でも楽しんで】ください。

この先、失敗を恐れず
努力し続けていれば、どんな人でも
【経験と情報は必ず増えていきます】
posted by whereabouts長谷 at 09:37| Comment(0) | 人間力アップ