2020年01月16日

アンケート用紙が好き

今回の内容では
”支援する側”の立場として
ポイントがたくさんあるので
ぜひメモをご用意くださいね(^^)

アスペルガー傾向を持つ人たちは
あまりしゃべらない、
寡黙な印象を受ける人が多いです。
ですが、本当に寡黙というよりは
【気持ちや考えを
   言語化するのが苦手】
できることなら
表現したいと思う人もいますし、
何か自分の興味ある分野については
【事実だけを話すのは得意で】
話し始めると止まることなく
相手の顔色や気持ちも考えず
ひたすら話し続けてしまいます。

それでも同じ人間ですから
アスペルガータイプの人も
”自分に興味を持って
  もらえることは嬉しいこと”
【色々聞かれることは
     嫌いじゃない】
という人が
結構多いことが分かっています。

ただ、
その【聞き方が悪いと】
心を閉ざしてしまったり
避けられてしまったりしますから
どう聞けばよいのかを
考えてみたいと思います。

その中でも彼らが好きそうなのが
【質問形式の紙】です。
その質問にも
難易度の違いはあるでしょうが
・YES、NOで答えられる
・該当項目にチェックする
・虫食いの欄に記入する
・具体的に記入する
・好きなことだけ記入する
このように様々な回答形式があるわけで
当事者の好きな方法を
まずは知らなくてはいけませんね。
gahag-0117140418-1.jpg
そうなると、手始めに
いちばん回答しやすい
”YES、NO”か”チェック形式”で
上記の順に発展させてみてください。

このメリットは
・視覚で情報を捉えられる
・ゆっくり考えられる
・修正できる
というところにあります。

なお、注意点としては
「どう感じますか?」といった
【漠然とした質問は
    避けた方が良い】ことです。

【完璧に回答したいのに、
    埋められない空欄が
        できることは苦痛】

このようなことが起きますと
次からの積極性が減ったり
自分を責めるきっかけに
なったりしますから
”回答しやすい質問を”
用意して取り組まれると良いでしょう。
posted by whereabouts長谷 at 08:44| Comment(0) | 発達障害

2020年01月14日

「ねぇ、教えて」を知ってもらう

発達障害傾向を持っている人は
【相談するのが苦手】だったり
【相談の仕方が分からない】
困ったりしていることが多いです。

こちらからすれば
「思ったように聞けばいいじゃん」と
思えることなのですけれど
彼らの脳内では、相談にあたり
【多くの情報が交錯して】
聞きたいことからそれてしまったり
何を聞きたいのか混乱したりして
結局あきらめてしまう…
ということが起きているようです。

それは、
職場や学校などでもそうですが
家庭内でも意外と起こっていて
家族に対しても相談が苦手なため
【必要な情報を得られなかった】
ということも少なくありません。

それでは、これを改善するために
私たちに何ができるでしょうか?

それは、タイトルの通りですが
当事者たちの得意とすることや
当事者たちにでも
回答しやすいことに対して
【支援側が質問をする】
という方法があると思います。

この方法のメリットとして
・聞き方のお手本が分かる
・複数のやり取りで
   キャッチボールを覚える
・すぐにネットに
   頼らないようにできる
といったことが挙げられます。

当事者たちは
【他人に興味がないので】
別の人たちのやりとりに関しては
気に留めない限り、記憶に残りません。
ですが自分がその当事者になれば
より記憶に残りやすくなります。

その時、
1回で完璧に聞けるわけもなく
あぁでもない、こうでもない…と
何度もやりとりをしながら
質問の核心まで到達すれば良い
ということを知ることができます。

そして、
何でもすぐにネットで調べて
【何かを知った気にならないで】
ネットに頼らず
人の”生の声”を聴きながら
【自分なりの
   考えをまとめていく】ことは
とても大切なことなのです。
gahag-0070447550-1.jpg
コミュニケーションの苦手な人に
私が何かを質問すると
ネットに書かれているような
回答をされる人がいます。
でも私は別に、ネットの情報が
欲しいわけではありませんし
他の人も同じように思うでしょう。

欲しいのは
【その人の気持ちや考え】であって
そこが周囲に伝わらないから
・本音の見えない人
・つかみどころのない人
・分からないから怖い人
などと思われてしまうのです。

それを踏まえて
周囲の人の支援法として
こちらから、くだらないことでも
なるべく当事者に
聞いてみることを試してみてください。
posted by whereabouts長谷 at 06:08| Comment(0) | 発達障害

2020年01月11日

吸収力の良さを信じましょう

発達障害傾向を持つ人たちは
苦手が多いと言われます。
特に
【興味のないことは、覚えが悪く】
”どうでもいい”とか”関係ない”と
情報源として切り捨ててしまうことが
多いかと思います。

ADHDタイプの人は
色々と興味を持ちやすいですが
【すぐに忘れてしまいやすく】
その都度一つずつ
伝える方法がおススメです。

アスペルガータイプに関しては
”興味をもたせる”ことそのものが
重要になってくるわけですが
そのきっかけの一つとして
【成功体験を増やすこと】
良い方法だと思います。

彼らのいう”興味がない”には
【失敗したら怒られる】といったような
ネガティブな考えが含まれているとも
考えられるので
”失敗しても大丈夫だよ”という
安心感のもとに取り組んでもらうこと、
それから
”なぜそれをやる必要があるのか”
【納得できていること】が大切です。
gahag-0027844492-1.jpg
例えば、部屋の掃除を頼むとき
”今できる人があなたしかいない”
”どうか私たちを助けてほしい”
これが、納得してもらう言葉です。

そして、部屋を丸く掃除して
汚れが残っていたとしても
【精一杯の感謝を伝えることで】
失敗しても怒られないことを
体験してもらいます。

これをくり返すことで
【自分でも人の役に立てる】
覚えていくことができ、
「もっと手伝えないか」などと
考えることが増えていきます。

そして、新しいことを教える
→褒める、感謝することを
繰り返し続けていくことで
彼らは【どんどん吸収していき】
スキルが上がっていくのです。

私たちは無意識に
ネガティブな言葉を発します。
良かれと思ってダメ出しします。
けれども繊細な人たちにとっては
【些細な言葉も致命的に】
傷を負うものとなってしまいます。

まずは周囲の支えている人たちが
【言葉遣いの見直しをする】
ということも取り組んでみてください。
posted by whereabouts長谷 at 08:04| Comment(0) | 発達障害