2020年01月09日

人によって態度を変えるのがイヤだ

カウンセリングの中で聞いた言葉が
印象に残ったので記事にします。

発達障害傾向を持つ人や
おとなしい人、自信のない人たちは
人に指摘されたことが忘れられず
これ以上、文句を言われないように
【徹底して他人の言葉を
   守ろうとするところがあります】

若かりし頃の私も同様で、
Aさんに言われた指示に従い、
それをBさんに怒られたので
今度はBさんの指示に従ったら
次はAさんに怒られていました。
誰の言うことを聞いても
文句を言われ続けるので
私自身もどうすればいいのか分からず
最終的にブチ切れるという…(;'∀')

あぁ、もちろん本人の前では
直接暴言を吐いたりはしませんよ。
けれど不満が溜まっていくので
心がトゲトゲして悪口ばかりでした。

さて、話は元に戻って
人に指摘されることに敏感な人たちは
自分の振る舞いにも注意を払います。
そこで一人のお客様が言いました。
【人によって態度を変えたくない】と。

特に女性にはよく解る話ですが
私たちが学生の頃、
いちいち口出しする女子がいました。
自分の思いどおりにしたい女子、
気に入らないと無視する女子。
そういう女子の機嫌を取るのが
私たちが生き残るための方法でした。
gahag-0019902996-1.jpg
そのお客さまも同様に
学生時代に女子から言われたことが
忘れられず、成人しても気がかりで
それぞれの居場所で
【同じ態度でいなければ、
      嫌われてしまう】
感じていたのだと思います。

ですが、
現実的にはそうはいきません。
それぞれの場での
【役割があり、キャラがある】のです。
当然のことながら
昔、口うるさかった女子も
その頃誰かに文句を言ったことを忘れ
自らが使い分けているはずです。

そのことを心理学の視点で表現すると
エゴグラムの考え方では
【人は常に3つの心を
    使い分けて生きている】
ということができます。
「親」「大人」「子供」の心を
誰もが持っていて
時と場合に応じて使い分けています。

その考えに則っていくと
【人前で態度を変えるのは
     当たり前のことで】
どこへ行っても同じ態度でいることは
【大人として考えられない】とも
言えるのではないでしょうか。

それから、仮に使い分けの場が
「職場」「家」「友達」「習い事」と
あったとします。
それぞれの場所で態度を変えても
【誰にもバレないことなので】
過去の体験が不安を呼ぶとしても
【現在とは関係ない】
考えるようにしてみて下さい。
posted by whereabouts長谷 at 11:02| Comment(2) | 相談事例

2020年01月07日

目標設定の方法

発達障害の傾向を持つ人は
自分の限界が理解できていないことや
自分の能力を過信していることなどから
【目標を過度に高く設定し】
失敗が続いてしまった結果
自信をなくしたり認知が歪むことが
起きていると思われます。

志が高いのは良いことなのですが
まずは
・自分の能力がどの程度か
・これまで何をクリアできたか
・向いていることと向かないことは
・好きなことと嫌いなことは
といったことを
【自分が把握できていないと】
目標だけを立てたとしても
失敗する確率が高くなってしまいます。

そして、
目標をクリアできている人と
できていない人の決定的な違いは
【到達点までの細分化】にあります。

何ごとにおいてもそうですが
とても簡単に説明します。
例えば、お腹が空いたとします。
そしてお腹がいっぱいになることが
目的となりますよね。
そのとき
【即座に空腹を満たすことは不可能で】
そこまでの段階があるわけです。

・食材を買いに行く
・お米を炊く
・料理をする
・茶碗を並べるetc…
ようやく食事にたどり着いても
一口で満たされるわけではなく
【時間をかけて目的を達成します】
gahag-0029843121-1.jpg
空腹から満腹までの間にあること、
それが”到達点までの細分化”された
【小目標の設定】となるのです。
これが理解できていなければ
ただがむしゃらに目標を願っても
達成できる確率は下がります。

〇〇大学に合格したい
昇進したい、有名になりたい…
色んな目標を持っていると思いますが
【そのために必要なこと】
思いつくだけ書き出してみましょう。

そして書き出した項目を
【カテゴリ・レベル別に分類し】
順番に根気よく取り組むのです。
それでもうまくいかない時は
【小目標達成のための目標】
もっとレベルの低いところで
大切になってきます。

本当に達成したい目標ならば
【面倒でも取り組める】ものです。
もし、
取り組む気持ちにならないのなら
それはまだ【本気ではない】
諦めることも時には必要ですね。
posted by whereabouts長谷 at 12:42| Comment(0) | 発達障害

2020年01月05日

アスペルガー的生活とは

前回、私が
「アスペルガー的生活も
     板についてきた」と
発言しましたので
私個人が勝手に命名している
”アスペルガー的生活の定義”について
今回は書いてみようと思います。

この言葉だけ聞くと
偏見に思われるかもしれませんが
むしろその逆です。
【アスペルガーの良いところ取り】
考えると分かりやすいかと思います。

一般的に、発達障害の話題が出る時は
ネガティブな内容のことが多いですよね。
それだけ本人や周囲が困って
誰かに話す必要性が出てきた時には
悪口だらけなのは理解できます。

ですが、そのような問題とは別で
アスペルガータイプの良い点は
結構たくさんあるなぁ、と思います。

私が活用しているのは
・生活のルーティン化
・低コンテクストという考え方
・分かりやすいルール作り
といったことになります。

そもそも、私はどちらかというと
うっかりミスがあったり
掃除が苦手だったりと、
ADHDタイプなので
⇒朝起きてから仕事に取り掛かり
 仕事を終えてから眠るまで
 だいたいの時間を決め、
 やることリストを作成する

⇒言葉の裏を読んで勘ぐったりせず
 親子ともに、言葉通りに受け止め
 また、伝えたいことは素直に
 皮肉を入れずに伝える

⇒生活の中でのパターンは
 だいたい決まっているものなので
 こういうときは、こうする
 という親子の約束事を決める

このような、
アスペルガータイプの人が
取り組んでいることを真似て
自分の日常に取り入れています。

以前から、皆さんに伝えているように
発達障害のトレーニングは
【誰にでも活用できます】
特に子育てに関しては
その子供の特性の有無にかかわらず
どんな子共にも分かりやすいものです。
それを私自身も活用しているだけです。
gahag-0100043001-1.jpg
気を付けたいことは
・周りに迷惑をかけない範囲で
・自分の負担にならない程度に
・友達や家族を巻き込んで

そして、
【みんなに分かりやすく、
     みんながHAPPY】
なれることを目的としています。
(ADHD的生活も考えてみよう♪)

年末年始は
【イレギュラーのオンパレード】
私も本当にクタクタです。
イレギュラーなことに対応できても
人はうっかり
【自分の限界を超えて頑張るので】
誰でも疲れてしまうものですよね。

早く、通常の生活に戻りたいです(^^;
明日から仕事始めの方が
多いかと思いますが
お疲れスタートの人も
たくさんいることでしょうね。
まずは「無理をし過ぎず」
元の生活に徐々に戻れるといいですね。
posted by whereabouts長谷 at 06:50| Comment(0) | 発達障害