2020年01月03日

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。
…とはいえ、
2日までお休みをいただいておりました。
ブログ更新、さっそくサボってごめんなさい(^^;
久しぶりのお休みで色々とあったので
何を書こうか迷っておりました。

昨年末、「もうすぐ休みだ〜」と
ワクワク仕事を頑張っていたら
思いのほか疲れてしまい…
「やったー!正月だー!!!」と
ワクワクしていて疲れてしまいwww

結局
【いつも通りって大切】
改めて感じた次第でございます。

それで、
アスペルガータイプの人は
イレギュラーが苦手なので
正月だとかイベントだとか、
【イレギュラーなことは避けたがります】

私の”アスペルガー的生活”
板についてきていたようで
今回のようなイレギュラーは
楽しかったけれど、疲れました。
またこれからは、
ルーティン通りの生活を始めます。
gahag-0032506773-1.jpg
それで、年末年始あたりで私は
【小さな幸せをたくさん見つけて】
そのたびに喜んでいました。

アスペルガータイプの人は
【関連づけが苦手なので】
自分の得になることや
自分が優位に立つことなど以外には
あまり幸せを感じないものですが
【ささやかな幸せの見つけ方】
今回は取り上げようと思います。

幸せを見つけるには
【想像力が不可欠です】
アスペルガータイプの人は
ネガティブなことを思い出せても
【ポジティブな記憶が消えやすく】
どうしても
【不幸・不満探し】ばかりする
癖を持っている人が多いです。

そして認知の偏りでありがちなのが
【幸せの定義そのものが違う】
ということが考えられます。

完璧主義な人にとっての幸せは
【何もかも満たされた状態】
指す場合があります。
そうすると、些細なことは
何もかもが当たり前のことです。

ですが逆に
何もかも満たされる状況は
私たちにとって
【あり得ない状況】と言えます。

当事者のその感じ方・考え方を
否定することはできませんし
自由ではあることなのですが
当事者の人たちに
ぜひとも知っておいてほしいこと
それは【欲張りすぎないで】
ということです。
”究めることが好き”な人は
もっと、もっと…と
【多くを求めすぎる傾向】
あるので、
どうしても到達点が遠くて
その分幸せの感じ方が
薄くなってしまうかと思います。

今年一年、
【感じ方・考え方に焦点を当てて】
過ごしてみられると良いかもしれません。
私も日々の些細なことに
より一層幸せを感じたいものです。

それでは引き続き、
今後ともよろしくお願いいたします。
posted by whereabouts長谷 at 09:06| Comment(0) | 発達障害