2020年01月23日

発達障害傾向の人は幼い

発達障害の傾向を持つ大人たちは
ADHD傾向ですと
明らかな失敗や落ち着きのなさが多く
見た目から分かりやすいですが
アスペルガー傾向を持つ人は
エリートの中にも多く存在し
”賢そうな大人”と見られがちです。

ですが、どちらのタイプでも
付き合いが深くなればなるほど
【精神年齢の低さで
   周囲に迷惑をかける】ことが
これまでの相談事例から分かっています。

そして
【当事者自身も
  気づいていることが多く】
大人としての不甲斐なさを隠そうと
次のような態度を取ろうとします。

・人との距離をとろうとする
・聞き役に徹しようとする
・主張ばかりが増える
・不都合が起きると音信不通になる

そのために、周囲から敬遠され
人間関係で悩んでいることも多く
なぜそうなったのか?
これからどうすればいいのか?など
私は相談をよく受けています。

その答えは一つではありませんし
本来は「原因探し」は
意味を持たないのですが
当事者が納得して課題を立てるために
そもそもの原因を挙げてみますと
3つくらいはすぐに出てきます。

★情報の偏り
 ⇒【興味の幅が狭い】と言われる人たち。
  そのために必要な情報だけを集め、
  自分にとっては興味のない情報を
  無視してしまった結果
  【本来生きていくために必要な情報】
  抜け落ちてしまっているかもしれません。

★問題解決能力の低さ
 ⇒【自問自答が多い】ので
  何かについて考えたとしても
  【一方向の考えだけになり】
  それが不正解の場合には
  どうにもできなくなるかもしれません。

★考えを他人とすり合わせない
 ⇒【コミュニケーションが苦手】
  【気持ちの表現も苦手】なため
  誰かとお互いの考えを話し合ったり
  質問したりすることができません。
  ですから、突き詰めた話には
  つながりにくいのかもしれません。

コミュニケーション能力の低さ
    ↓
外部から入る情報量の少なさ
    ↓
自分の世界だけで完結させる
この流れが”精神的幼さを生み出し”
日常生活に支障をきたす可能性があるのです。

かといって、精神的に幼いのが
発達障害に限っていることではないです。
総合して何が原因かと言えば
やはり【経験値の少なさ】
大体はたどりつくのだと思います。
gahag-0080363163-1.jpg
次回は、その具体例を
記事にしてみようと思います。
posted by whereabouts長谷 at 14:41| Comment(0) | 発達障害