2020年05月26日

会話から「対話」を目指す

アスペルガータイプの人は
コミュニケーションが苦手で
人とかかわることでさえ
大変なことだと思います。

ふと、私は思いました。
彼らは会話することはできるけれど
【対話が苦手なのでは?】
ということです。

ちょいとググってみましたら
会話も対話も同じ意味だったのですが
実際のところ、
【意思疎通が成立して対話になる】
私は思っています。

つまり、
当事者は会話ができているとしても
対話が成立しない場合があって
そのとき相手側に
【不満足感が残る】可能性があります。

対話というのは
1人では成立しないものです。
相手あって成立するのですから
当然、どちらか一方だけが
意味を分かっているだけでは
成立しませんす。

そういうふうに考えて見ると
コミュニケーションって
本当に難しいなぁ、って思います。
なぜなら
自分の気持ちが言えたとしても
相手の言葉が聞こえたとしても
【そこに存在する
  本当の意味を理解すること】
相互関係において大切なのに
伝わらないことって多いですから。

私たちが当たり前に何も考えず
人とかかわって会話している中で
ちょっとしたズレがあったりすると
揉めたりイラっとしたりしますよね。
でも、
この考え方で行けば
【お互いを理解できていることが奇跡】
くらいに考えても良いのかも…。

当たり前のことですが
分かり合える関係は
誰とでも成立するものではありません。
多くの人たちの中にいる、
わずかな信頼できる相手とだけ
上手く関われることには感謝しかありません。
045-person-illustration.jpg
*****当事者の方へ*****
私のブログを読んでくださるあなたは、
これまでのネガティブな経験、
自己否定的で自信が持てない、など
いろんな思いを抱えてきた
かもしれませんね。

アレンジの苦手な人であれば
「伝え方は、これ一つしかない」と思い
ずっと同じことを言い続けながら
相手と分かり合えないかもしれません。

そんな時、
あなたの脳内にアクセスしてください。
本好き、情報集め好きが多い
アスペルガータイプの人たちは
【情報を引き出せないだけ】という
可能性があります。
つまり、自分の脳内にある情報が
見つけ出せないだけです。

そのようなときは
【本の中の言い回し】
思い出せるだけ紙に書き出します。
思い出せなければ
本を読みながらやってみてください。

その書き出した文章を
【視覚で捉えながら
    声に出して読む】という
練習から始めてみましょう。

そして、
人とのやりとりは
【何度も往復を重ねながら】
お互いを理解し合うところにあります。
たった数回のやりとりで
「分かり合えない」と決めつけず
【根気よく続けること】
目指してみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 07:57| Comment(2) | 発達障害