2020年08月29日

思っても言わないだけです

発達障害の特性に悩む人たちは
【余計な一言で誰かを怒らせる】
ということが結構あります。
当事者にしてみれば
「ただ、思ったことを言っただけなのに…」
という気持ちなのでしょうし、
その時選んだ言葉が相手に届いた時
【相手がどう感じるかを
           予測できないので】
自分の感じたままの言葉で
発してしまうことが多いようです。

”自分の感じたまま”についても
引っかかるところがあります。
その言葉が相手にとって
意地悪に思えたり悪意を感じるということは
【普段から心の中で
    酷いことを考えている人】
誤解されてしまうかもしれませんね。

実際には
”思ったことと
   反対のことになってしまう”
ということも多いようで、
本来は誠実と言われている人たちが
誤解されてしまうのは残念です。

こういった体験を教訓にした当事者は
【思春期あたりを境に、
    自分のことを話さなくなります】

話さなければトラブルは起きない。
話さなければ人に嫌われない。
話さなければ誤解されない。
このような考えを持って大人になります。

その後、社会に出てから困るのが
【意見を求められても答えられない】
【自分がどう思うか言えない】
【自分の気持ちが分からない】
といったことなどです。

そして周りの人を見ながら
「どうしてみんなは
  うまくやりとりできるのだろう?」と
悩んでいると思います。

そこで今回は
当事者と周りの考え方について
取り上げてみることにします。
gahag-0110824024-1.jpg
※「だまらっしゃい!」と言ってるみたいな画像。
 当たり前のことですが
 画像内の人たちは無関係ですよ(;^_^A
*****当事者の方へ*****
発達障害の傾向を持つ人たちは
【どういう言葉を選ぶか】
【誰に本音を話すか】について
あまりよく分かっていない場合が
多いかな、と私は思います。

いわゆる”TPO”ですかね。

かといって私たちが
全てのところで上手くやれるわけではなく
特に私については
比較的「嫌われてもいいから」
なるべく思ったことを口にします。
ただし、ここでのポイントですが
【不必要なことは言わない】
ということが大前提ですよ。

今思っている発言が
【その場に
   必要か不必要かを見極める】ことも
無駄に余計な一言にしないため
考えなくてはいけないことです。

したがって、
職場で自分の意見を言わないことや
自分の考えが分からなくなることは
【必要なのに、できないこと】という
結論につながってしまいます。

当事者たちの
「一言多い」というのは
その場にとって不必要な情報。
ただ思ったことだから…と
何でもかんでも発言していたら
話は取っ散らかるし誰かを傷つけるし
ロクな結果になりません。
だけど、
その場にとって必要な情報を
言わずに黙っていたら、
「知っているのに
    隠していた意地悪な人」と
誤解されてしまうかもしれません。

これについても
日々の自覚と練習が必要ですが
当事者の思うような余計な一言は
たぶん周りの人たちも
同じように思っていることがあります。
そこで違うのは、周りの人たちは
【思ってても言わない
     選択をしている】のです。

想像力の弱い当事者なら
「これは誰も思っていないだろうから」と
良かれと思って
発言してしまうかもしれませんが
周りの人たちは
「あーあ、ホントの事言っちゃったよ」と
思っているということです。

この問題を解決するには
サポートしてくれる身近な人に
「それは不要です」という指摘を
日ごろからハッキリと言ってもらえる
関係を築いておくことですね。

ぜひお試しください。
posted by whereabouts長谷 at 08:59| Comment(0) | 発達障害

2020年08月27日

自分のために頑張れない

発達障害の傾向を持つ人たちで
カウンセリングを受けよう、
トレーニングを受けようと
私に相談される場合は
【自信のないタイプが多いです】

自信のある人は
誰かに相談しようなんて
思いもしないでしょうからね(;^_^A

そして、
相談内で出てくることの多くが
・自信がない
・自分が嫌い
・生き方が分からない
・自分の気持ちが分からない
このような言葉です。

以前からお伝えしている
「ガマンするのがイヤだ」についても
よく出てくる言葉で
ガマン=自分を抑制する
という意味ですから
日常生活で色んな気遣いの多い人は
【必要以上にガマンを感じ】
そこに生き辛さがあるのかもしれません。

そして、そんな自分の生き方について
悩み苦しみ、結論は出ず…
自分のことが嫌いなのだから
【自分のために
  何かを頑張ろうなんて思えない】
なんて言葉も聞こえてきます。

こういったタイプの場合には
その当事者の内面に向き合うことも
大切かもしれませんが
そこには多くの時間が必要となるので
【まずは、誰かのために】
生きる・頑張る・ガマンする
という考え方も良いかもしれません。

これまで、
色んな相談を聞いてきて
特性が顕著な人たちは
【正義感や使命感が強く】
【人の役に立つことを重要視し】
【人からの評価を
   自己評価にしている】という
ケースが多いな、と思います。
カウンセリングを受けない
自信のあるタイプについては
ちょっと分かりませんが…。。。
gahag-0084575162-1.jpg
※写真の人は無関係ですよ。イメージです。
*****当事者の方へ*****
【能力を発揮してこそ
   自分の生きる価値が上がる】
という考え方は一理あります。
だからといって
【生きる価値を決めること自体が】
自分を苦しめているということも
あるのではないでしょうか。

自分に対する価値を決める人は
【他人の事も
  勝手に価値評価しがちで】
世の中の役に立たない人間を見ては
「生きていて平気なのか…」などと
とても酷い言葉を発します。

自分のみならず、他人にも
厳しくなってしまいがちなのですよね。
だけど他人の事は、その人が決めること。
無関係な人間が
勝手に決めることではありません。
だから、
まずは自分について見つめましょう。

”自信がないような自分に尽くしたくない”

当事者は、
とにかく自分に対して厳しくて冷たいです。
そこにはきっと
【言語化しにくい自分の気持ち】があって
自分のことが分からないからかな?
なんて思います。

まずはゆっくりじっくりと
話を聞いてくれる人のところで
自分の気持ちを言語化する練習をしましょう。

また、自分の問題解決をしつつ
誰かのために役に立つこともしてみましょう。
人のために役立つことで
【有能感が増します】
それによって「さらに頑張れる」
という人もかなり多いと思いますよ。

具体的に何が良いか分からないなら
ボランティアなどから始めてみても良し!
勇気を持って
「困っていることはないですか?
  お手伝いできることはありますか?」と
声をかけてみても良し!

誰かの笑顔をもらって
自分の喜びにつなげてみてください。
posted by whereabouts長谷 at 07:34| Comment(0) | 発達障害

2020年08月25日

一つ嫌だと全部が嫌

「ガマンができない」
「不満しかない」に続き
その延長で書いております。

発達障害の傾向を持つ人たちは
【白黒ハッキリさせたい】
というタイプの人が多いので
一つ不満を見つけたら
それだけで【全部がイヤだ】
なってしまいがちです。

例えば、
AからEまでの5つの工程がある中で
Cが上手くいかなかった時など、
【その一つに囚われて】
考えを切り替えることができません。

その時の感情では
・失敗するなんてあり得ない
・またやってしまった
・自分は何てダメな人間なんだ
・人生おしまいだ
・自分が許せない
といったネガティブなもので
私たちにしてみれば
”大したことないこと”の場合が
ほとんどかと思います。

だけど当事者にとっては
【二度とそんなことはしたくない】
というくらいに辛いことです。

ここで問題となるのが
その、小さなミスは過去のもので
取返しようがないのに囚われて
【次の工程に進めず停滞したり
   工程そのものを放棄したり】
してしまうことです。
187-industry-illustration.jpg
*****当事者の方へ*****
上記の考え方を常にしていると
周りの人には
成功体験を積み重ねることができても
当事者の感覚では
【ほとんどのことが
      失敗体験】となります。

どういうことかというと
当事者は一連の流れを
【一つのカテゴリで統合してしまい】
総ての流れを完璧にクリアして
初めて成功したと思います。

周りの人たちは
結果が失敗だとしても
要所要所で努力したことや
途中で失敗はあったけれど
結果的に上手くできたことなど
【細分化して考えます】

この感覚の違いがあるということを
知っておくことは大切です。

これは対人に関しても同じで
当事者が興味を持った相手が
【一つでも欠点を見せると】
手のひらを返したように
見下したり敵視したりして
築きかけた関係を壊してしまいます。

私たち人間には共通して
【長所と短所が存在するのに】
当事者は他人の欠点が許せない、
ということも少なくないのです。

結局は、
【すべてが成功、ということに
      こだわっているだけ】
改めて考えてみてください。

何かにこだわっていると
せっかくの良いチャンスを
逃すことにもなります。
だから
【小さな部分には目をつぶって】
見ないことにするという選択も
時には必要なのではないでしょうか。

それによって
一つ不満を持ったとしても
「大したことない」などと
思えるようになるかもしれません。
posted by whereabouts長谷 at 13:12| Comment(0) | 発達障害