2017年07月03日

一度に複数のことができない人の克服法

発達障害の傾向を持つ人は
【複数のことを
    同時進行できない】
という場合が多いです。

でも、女性から見ると
【男性は
   全般的に苦手かも?】
とも思います(^^;


ただ、仕事などでは
どうしても複数のことを
強いられる場面に出くわしますし、

それができないことで
【評価が落ちた】
という人も少なくないはず。


そんな人たちに
克服の方法を考えてみました。


それは、
【シナリオ作成】です。


まず、紙とペンを用意して
【最初は作業を
   2つに限定してください】

最初から3つも4つもなんて
無理ですから。

【料理が苦手な人も】
これは効果があると思いますから、
今回は
2つの料理を作るという
例えで書きますね。

540x360xshoyama20151121-540x360.jpg.pagespeed.ic.UvkZ6yY9SP.jpg

では、
「味噌汁」と「野菜炒め」にします。

紙の左半分に
味噌汁を作る
【工程を箇条書き】にします。

右側には
野菜炒めの工程を書きます。


両方とも書けたら
右側の工程を
【左側の工程の間に入れる】
という作業をしてください。

(文章で説明するのがとっても難しいです…)


2つの作業を一まとめにすると
こんな感じになります。

・鍋で湯を沸かす
・野菜を洗って切る
・肉を切る
・豆腐を入れる
・わかめを入れる …つづく


一度に複数のことが
できない人は
【切り替えが苦手】だったり
【集中しすぎる】傾向があるので
他の事を考えるのが
難しいですから

一旦、何かにまとめて書くことで
【考えないで紙の通り】
動くことができれば
一度に複数のことができる、
と言うことです。


最初はこうやって
クセがつくまで続ければ
そのうち、紙なしで
できるようになる可能性があります。


まぁ、間違えて
味噌汁に野菜を入れたりも
あるかもしれませんからwww

その場合は
「鍋1」「鍋2」といったように
番号を振っておくのも良いでしょう。


詳しく知りたい方は
ぜひカウンセリングにいらしてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 15:12| Comment(2) | 発達障害
この記事へのコメント
こんばんは!
これ、参考にさせていただきたいと思います(*^_^*)

もひとつ、わたしが好きな料理の方法のご紹介♪
長くなるんですが、いつも長谷さんが言ってくださっているように、誰かの参考になればと思います.

小道モコさんだったかな、も書かれていたのですが、料理するとき、何を使うかを始めに全部まとめて並べているとやりやすい人もいます.

例:いくつか同時に作らねば!
ひとつがおみをつけなら、にんじんたまねぎねぎ味噌、ととにかくいっぺんに出しておいて、別の料理の材料も同様に「まとめて」おくんです.
そうすると、これに使うのはこれこれだ、ってわかりやすくて.
最初から、「これを使うんだ」ってわかっているとやりやすいです.
おみをつけに使うのはこれだって、スムーズにいくんです.

もちろんみなさんでもそうと思いますが、わたしたちはよりそうで、具材等等を意識的に事前にひとかたまりにしておく事で、やりやすくなります.

工夫で、やりやすくなるものだなと思う日日ですー(^ω^)

何が必要かまとめて分かると、とてもやりやすいです.

Posted by 璃都 at 2017年07月05日 23:24
璃都さん

いつも補足助かります!
ありがとうございます(^^)

物理的なものは目に見えるように
全部並べるって、
分かりやすくて良い方法ですね♪
Posted by Whereabouts長谷 at 2017年07月06日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: