2017年07月19日

危険予測をさせる



昨日、当ルームにも
ヒョウの攻撃がありました。

人生初!
「やばいやばい」と
お客様と二人でパニックになりました(^^;

幸い、こちらは
ガラス破損などの被害はありませんでしたが
息子の学校は被害があったようで
また、電車も止まって足止め。

多くの人が大変な思いを
した午後でしたね。

徒歩で帰られた方
本当にお疲れ様でした。


さて、昨日のような
災害が起きたとき
ADHDタイプの人は
【危険より興味が勝ります】

例えば、
ヒョウなんて珍しいから
【怖い感情よりも
   面白い感情が
     勝ってしまい】

【外が気になってしかたない】

そう思ってつい
窓を開けてしまうとか。。。

それで本当に
ケガをしてしまう人もいます。

豪雨の増水に魅かれ、
飲み込まれる人もいます。
rakurai_130527-540x360.jpg
ですから
考える力は
生き方だけではなく
【危険予測にも必要】なのです。

想像力の弱い
アスペルガータイプには
こういうときは、こうする…と
【大人がパターンを決めてしまう】
方法で、

ADHDタイプは
想像力が働くので
【自分で想像させ、
  それを大人が修正していく】
方法で、

さらに、衝動的に動くことで
どんな怖いことが起きるかも
きちんと伝えながら

小さい頃からしっかりと
話し合うことが大切です。


今の時代、
どこで何が起こるか
分からない毎日です。

大切な子供を守るため、
親はしっかりと
子供に考える力をつけさせ
無駄に傷を負わないよう
心がけたいものですね。
posted by whereabouts長谷 at 07:17| Comment(2) | 発達障害
この記事へのコメント
一文めから衝撃!
東京では、野生の豹が人家を襲う事件が連続的に起きているの!?と.
そりゃ長谷さんもクライアントもびっくりするわ!と.

「幸い〜〜」の文章でやっと気づきました(遅
雹、ヒョウですね(´〜`)

あちこちで大荒れで…….
備えておくにこしたことはありませんね.

記事と関係なくてごめんなさい.
Posted by りと at 2017年07月19日 10:55
璃都さん

わ!!!そうか、そうなのか!!!笑
しまった〜、と思いました。
「雹」って書くと、読めなかったら困ると思ったのです。
「ひょう」にすれば良かったかな?(^^;
Posted by Whereabouts長谷 at 2017年07月19日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: