2017年08月13日

発達障害が増えた原因

読者さまからの問いかけで
続きを書きたくなりました。

今、発達障害の人が
とても増えている理由について。


確かに、今では発達障害の診断が受けやすくなって
疑わしい人は病院で検査しやすくなりましたよね。

それによって、診断を受けた人が増えた、と。

ただ、少なくとも当ルームでは
【診断が下りない
   軽度の人も増えている】
というのが事実です。

発達障害自体が
グレーゾーンと言われていますが
それよりさらにグレーなところの人たちですね、
この人たち
【ホントに発達傾向なの?】という
微妙な位置づけのため
【誰にも支援してもらえない】
辛さを抱えているのです。

それで、話は戻って
原因は何なの?と考えると

・遺伝的要因
・環境要因
の二つがメインです。

この二つで問題なのは
【圧倒的に環境要因】の方。
055-environment-illustration.jpg
家庭環境
食事環境
社会環境
などなど、環境を細分化すると
ものすごくたくさんあります。

それら全てが
複雑に関係していて
発達障害が増えたのではないか、

また、
【純粋な発達障害が減った】
と言われています。

書き続けたいけど
書ききれない…(^^;


いずれにしても
アメリカ精神医学会が
基準になっているのが
日本の精神医学会ですから

正解が欲しいなら
アメリカに聞くしかないのかな…


ただ、少なくとも
純粋な発達障害は
【遺伝的要因】ですよ。

だって、後天性は
無いといわれていますから。。。

今回はこれでギブアップ!
もう少し勉強して
まとめてから記事にしま〜す(汗)
posted by whereabouts長谷 at 15:41| Comment(2) | 発達障害
この記事へのコメント
こんばんは(^o^)
深く掘り下げた記事、拝読しました.
環境要因も大きく関わっているんですね.

遺伝要因が主って事は、そのうち人類みんながASDになるんじゃないかなーなんて思っているものだから、尋ねてみたかったのです.
なんか、ごめんなさい…….(^_^;)

*

コンビニにおでんが早くも出現しているのを発見しました♪←おでん好き
だいこんとこんにゃく、おいしかったです♪
(だれも訊いていないよw)
Posted by 璃都 at 2017年08月18日 19:14
璃都さん

今の医療視点で考えると、いずれ発達系の人は
多数派になるだろうな…と思いますね(^^;
そのまえにアメリカの基準が変わるかもしれませんね。

ADHDとアスペルガー、LDなどを
同じカテゴリにしたことも原因だと思われますし

「個性」の範疇でも、横並びを望む日本人には
障害扱いしてくれたほうが気休めになると
思う人たちの受診率も上がっていると思います。

また、「遺伝要因を持っていても」
育てる環境によって、「どう出るかは分からない」
というのが現段階で言えることではないでしょうかね。

おでん、いいですね♪
だいこん・こんにゃく、私も大好きです(^^)
Posted by Whereabouts長谷 at 2017年08月19日 07:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: