2017年08月29日

愛着形成で大切なこと

ママが初めて子供に
愛情をプレゼントできますよ、
最高の贈り物ですよ、など
書きました。

その際、読者の方から
質問をいただいたので
続きを書いてみようと思います。


赤ちゃんが生まれてから
1歳半くらいまでの間に
愛着が形成されます。

その相手は
【絶対安全な存在】であり
自分の心を守ってくれる
特定の誰かになります。

だから、ママが初めての
「愛着形成対象」となる
ということを伝えたかったのですが

致し方ない場合は
【別にママじゃなくてもいい】
と考えることもできます。

例えば、
産後が悪くて
ママが亡くなったときなど
パパが代わることもできます。


ただ、理想は
【途中で変わらないほうが】
安定した愛着が形成できますし
メインとなる対象者が
【複数いない方がいい】です。


最近は、共働きで
イクメンが良しとされていますが
愛着形成が不完全な時期に
【育児を完全に
  分担するのは危険】
という考え方もあります。

それは、子供が
誰との安定した愛着を
形成すればよいのか
戸惑ってしまうからです。

一番最初に
ママとの安定した愛着が
形成されてから初めて
他の人との愛着形成が
広がっていきます。

ここが上手くいかないと
【人との距離が分からない】
【妙に馴れ馴れしい】
【過剰に人を避ける】
といった後々の問題が
起こってしまう可能性があります。


いわゆる【愛着障害】では
発達障害と似た様子が確認されていて
【誤診も増えている】
または
「親の問題だと」不安にさせないために
【敢えて誤診】している場合もあります。

ちょっとややこしい話に
なってしまいましたが、
誰だって初めての子育てで
うまくいかないことはありますし、
私も失敗の連続でした。。。

過剰に不安にならないで
【子供とのかかわり方】
振り返る作業につなげてください。

愛着の形成しなおしは
【何歳からでもできる】
考えられています。

大人になればなるほど
時間がかかってしまいますので
見直しは早いに越したことはありません。
381-realestate-illustration.jpg
posted by whereabouts長谷 at 09:19| Comment(2) | 子育ての参考に
この記事へのコメント
記事を興味深く拝見しました。
質問にお答えいただきありがとうございました。
思い当たることがありました。
Posted by shinichi at 2017年09月02日 19:39
shinichiさん

新たな記事のネタになりました。
ありがとうございました。

私に分かる範囲で、お答えしますので
よろしければまた質問してください(^^)
Posted by Whereabouts長谷 at 2017年09月03日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: