2017年09月11日

メモしてもできない


以前から、メモを推奨していますが
そのメモにトライしても
なかなか上手く行かない
という人もいます。

・メモしたことを忘れる
・勢いでその辺に書く
・いつものメモ帳でないと落ち着かない
・内容が多すぎて忘れる

など、悩みも人それぞれ。

結局この方法も
【習慣化させるまでは】
長い道のりになってしまうので

それまでの間は
工夫しないと吸収できません。


メモしたことを忘れる人は
【定期的にアラームで確認する】

勢いで書いてしまう人や
同じメモ帳にこだわる人は
【常にポケットに入れる】
場合によっては
【クビからぶら下げる】
くらいのことが必要です。

内容量に戸惑う人は
メモの中身を
さらに別のメモや付箋に分けて
【3つできたら、次をメモする】
などの工夫が必要です。
014-free-illustration.jpg
そんなことをしている時間で
作業に取り掛かりたいなどの
気持ちもあると思いますが

【結果、できないなら
   最初の段取りを大切に】
という心がけを
してみてください。
posted by whereabouts長谷 at 07:45| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: