2017年09月29日

暑い寒いが分からない

時々、街中で
暑いのに長袖、
寒いのに半袖
という人を見かけませんか?

近年は外国人が増えているので
体温の高い外国人であれば
当たり前に冬でも半袖ですし
女性は紫外線を気にして
暑い夏でも長袖ですが

中には、
【暑いか寒いか分からない】
という人もいます。

発達障害の傾向を持つ人は
そういったタイプが割と多くいて
【その場にそぐわない】
格好をしていることが
よくあるのです。

でも、周囲の目が気にならないため
自分一人がどんな格好をしていても
何とも思っていません。

それで、元気なら良いのですが
【熱中症や発熱】
繋がりやすいリスクがあります。

こういった人たちは
どうやって服を決めれば良いのでしょう?

そこで提案です。
体で感じることが苦手なら
【数字で判断しましょう】
umi170725-540x360.jpg
毎日、天気は欠かさずチェックし
最低・最高気温を調べます。

・25℃以上の日は半袖
・25℃以下の日は長袖
・20℃以下の日は半袖+羽織るもの

こういった風にルールを決めます。

その時、自分の感覚では決めれないので
【家族や友人に相談】してくださいね。

【ただでさえ
   疲れやすいのに】
体調を崩してしまうと
辛くて苦しくなってしまいますね。

その予防も大切だということを
知ってくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 08:30| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: