2017年10月04日

悪口を言われるのが怖い


嫌いな人にも
ついつい良い顔をして
ご機嫌をとって
嫌われないように
細心の注意を払う人たち、

なぜ、そこまで
自分を抑えているの?
と、問いかけると

もしも嫌われたら
他の人に対して
【悪口を言われてしまうから】
そうされないように
気をつけている、
という回答が多いです。

つまり、
その人に嫌われることよりも
【周囲に誤解されることが怖い】
ということですね。

人は、【先入観で】
知らない人のことを
判断しがちです。
ですから、嫌われることで
そこから噂が流れてしまうのは
とても怖いことだと思います。

では、媚びない人は
どう考えているのでしょう?

いくつか考えられますが、
・嫌われても平気
・噂はすぐに忘れられるもの
・数人が理解してくれればいい
といった気持ちでいるようです。

そして、決定的な考え方は
【自分を信じている】
ということでしょうね。

嫌われたくない人は
周囲の人間
【全ての人に
  自分を理解してほしい】
と、思う傾向が強く
1mmでも誤解されたくないのです。

それは果たして、可能なのでしょうか?

その前に、その人たちは
周囲の人間全てに対して
【理解を示せて
  いるのでしょうか?】

おそらく、
それはできていないと思うのです。
なのに自分のことだけは
分かってほしいと思っている。

矛盾していますよね。

だって、明らかに「嫌い」と
分かっている相手の
機嫌をとっているのですから。

こういう矛盾を見つけ出しながら
じゃぁ、どう考えればよいのか
どう受け止めるのかの方法を
見つけることが大切です。

いわゆる【認知の修正】です。

最後に、
媚びない人が持っている自信とは
自分の持つ考え方や感じ方を
【これでいい】
思えていることです。

媚びてしまう人が持っているのは
【これでいい?】です。
kayak130416-540x360.jpg
自分に自信を持つことは
過剰になれば頑固ですが
人付き合いの中で
人に振り回されないためには
最低限必要な考え方です。
posted by whereabouts長谷 at 07:31| Comment(2) | 心の健康を保つ
この記事へのコメント
こんばんは.
朝夕冷え込んできましたね、体調いかがですか?
璃都はただいま鼻水が……;;

*

9月からピッキングのアルバイトを始めました.
「対・物」なのでたいへん楽です(体は疼痛・内出血だらけなのに).
だってジュースの入った段ボール箱に嫌われる心配はない!笑
その点が楽です(^-^)

休憩20分、誰もしゃべりません.
おなじみのCPには、「仲良くしなくてもだいじょうぶというのを身につけられればいいね」と言われています.
人の目を気にせず携帯電話をいじっていられる、そんな体験も貴重だなと思っています.
これまで、嫌われることや沈黙を恐れてきましたから.
社交的なとこみせて好かれようって.

つきあいももちろん大事、でも、休憩=自分の時間、というのを感じる今日この頃です.
Posted by 璃都 at 2017年10月05日 22:51
璃都さん

私は元気ですよ♪

璃都さんは今、「これでいい!」を目指しているのですね(^^)
人に合わせすぎると自分の世界を大切にできない場合もあるので
まずは自分の世界を優先してから、人に合わせることが大切だと思います。

確かに、ダンボールに嫌われる心配はないwww
Posted by Whereabouts長谷 at 2017年10月06日 07:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: