2017年10月11日

臨床心理士と民間カウンセラー

平成30年に、
第1回公認心理師試験が
行われる予定です。

公認心理師は国家資格。
臨床心理士たちは受験資格があり
国家資格を取得する人が増えるでしょう。

さて、
現在、臨床心理士という肩書きが
世の中に定着していますが
私のような民間と
何が違うの?という質問を
時々されることがあります。

イメージとしては
公務員と一般企業
みたいな感じですかね(^^;

それで、それぞれの違いや
メリットとデメリットを
考えてみることにしました。


臨床心理士は、
・大卒
・専門知識豊富
・研究熱心
・病院勤務(提携)

民間カウンセラーは
・誰でもなれる
・知識が浅い
・勉強しない人もいる
・孤独

この違いを見れば
みなさん間違いなく
臨床心理士のカウンセリングを
受けたくなりますよねwww

ただ、臨床心理士は
【厳しいルールの下】
カウンセリングを行っているので
【融通が利かない】
というデメリットがあります。

その逆に、
きちんと勉強して知識を得ている
民間カウンセラーは
【オーダーメイドの】
カウンセリングが行えます。

お腹が減って、定食屋に入って
【裏メニューがあるか無いか】
の違いです。


中には、臨床心理士でも
別で民間資格を
取得する人もいます。

おそらく、セラピーや
別世界の知識を
得たいといったような
理由からかな?と思います。

つまり、
民間もまんざらでもない
ってことです。

これから公認心理師が増えて
【民間カウンセラーの危機】
が訪れます。
間違いなく追いやられるでしょう。

そんな状況の中で
どうやって生き残っていくか、
自分の強みは何か、
仕事を続けるのか、辞めるのか

私だけでなく多くのカウンセラーが
決断の時期に差し掛かっています。

どうか、あなたも私を応援してください。
ギリギリまで精一杯頑張ります!
271-hospital-illustration.jpg
posted by whereabouts長谷 at 08:33| Comment(2) | 人間力アップ
この記事へのコメント
こんばんは!
ナウい情報をお聴きしました.笑

難しいことはわかりませんし、長谷さんのカウンセリングがどうなのかは存じ上げませんし遠い地方からですが、もちろん、応援はしております♪

「セラピスト(最相葉月さん)」をゆっくり読んでいます.
心は本当に難しいですね.
Posted by 璃都 at 2017年10月12日 22:41
璃都さん

応援、ありがとうございます(^^)

まだ実感はわきませんし、直接何らかの影響がということはないのですが
「聴くだけのカウンセリング」をベースにカウンセラーが活動する中で
国家資格には明らかにかなわないだろうなぁ、と思います。

そのための強みを私たちはアピールする必要があると感じます。
がんばります!
Posted by Whereabouts長谷 at 2017年10月13日 09:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: