2017年10月15日

断れる人になりたい



自分の判断ミスで
うっかりやってしまう安請け合い、
あなたにも失敗がありますか?

【人の役に立ちたい】
という強い思いから
自分の能力以上のことを
引き受けてしまいたくなる
気持ちはとてもよく分かります。

けれど、
無理して引き受けるから
期待に応えられない結果になって
【かえって信頼を失う】
【自信喪失】
【安請け合いした
    自分を責める】
などに繋がってしまいます。

だからといって
何でも引き受けていると
周りはその人のことを
【都合のいい人】
自然に思うようになります。

「困ったら頼めばいいや」
という考え方になれば
【断ると怒り出す】ことに
繋がりやすくなります。

これが、
断る=嫌われる
という考えを生み出す
そもそもの原因かもしれません。

ですから、
どこまで引き受けられるのか
何が無理なのかを
はっきりさせなくてはならないのです。

都合のいい人と
友だちは違います。

それから、
人の役に立つことで
自分の存在を認めている人は
人の役に立つ以前に

今はまだ、誰かの役に立てなくても
【自分の存在を
    認めること】が大切です。
090-working-illustration.jpg
そんなに簡単には
いかないことですけれど
人のために生きる以前に
【自分のために生きる】
ことについて考えてみてくださいね。
posted by whereabouts長谷 at 08:02| Comment(0) | 人間力アップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: