2017年11月17日

感情表現が苦手


発達障害の傾向を持つ人は
【自分の気持ちを
  表現するのが苦手です】

心の中に感情はあっても
アウトプットできないことが
【ストレスにつながる】
ことが考えられます。

アメブロでは
遠慮して言えないケースを
挙げていましたが、
こちらでは、
・言葉がまとまらない
・感情すら整理できない
・表現力が弱い
・一時的な感情に惑わされる
・ついウソを言ってしまう
などの課題を抱える人について
書いています。

ただ、発達傾向の人が
この課題を克服するのには
よほど勉強などが好きでない限り
【とても時間がかかります】

ですから
支援側の情報として
役立ててほしいと思います。

こういったケースについては
【自発的な
   言葉を求めない】
ことが重要になります。

仮に感情表現できたとしても
【その場の一時的な】
感情であることも多く、
明日は言うことが違ってくる
なんてことがしばしば。。。

この場合に関しては
支援側の人が当事者を見て
【察した言葉を
    提示してみる】
ところから始めてみてください。

いくつかの言葉の中に
「そう、それ!」と
当事者が思えるような
言葉が見つかったときに
意思疎通が上手くいくことがあります。

当事者の気持ちに
ピッタリの言葉が見つかったとき、
その発達傾向を持つ人は
伝えることができた、という
【達成感】を味わうことができます。

その繰り返しによって
「自分も表現していい」という
【プラスの効果が働き】
より一層、モチベーションが上がります。
064-industry-illustration.jpg
定型発達の人だって
複雑な感情が渦巻いたときには
自分の気持ちが分からなくなる
ことがありますよね。

そういうとき、
「●●という気持ちなの?」とか
「今、●●って思ってるんじゃないの?」などと
言葉をかけられたら
その場で正しい感情が見つからなくても
【自分に向き合う
     きっかけに】
なるのではないでしょうか。
posted by whereabouts長谷 at 07:39| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
>いくつかの言葉の中に「そう、それ!」と
>当事者が思えるような言葉が見つかったときに
まさしくそうです、「あ、今の表現!!ぴったり!!」ってなります.

記事タイトルとは異なり、わたしは感情を表に出しやすいほうです.
敢えて表情に出すことで「わかった」「わからない」等を察してほしがったりしていたりします.
よく笑う・泣く、の幅が広いのは、性分でしょう.苦笑


さらにおもしろいのが、幼稚園から「話は目と耳で聞きなさい」と(一般論として)教えられたのをしっかり守ってきた結果、相手をずっとじーーっと見て会話するくせがついたことww
よく、「自閉症スペクトラムのひとは視線を合わせにくい」
と言われますが、先述の教えを忠実に守ったら、今度は視線を相手にむけすぎ、という問題が出てきまして.笑
まじ、空気って難しいです(*^_^*)

Posted by 璃都 at 2017年11月18日 00:03
璃都さん

自分で表現しにくいとき、相手が自分の気持ちどおりに言葉にしてくれた時って、すごく嬉しいですよね♪
「あぁ、わかってくれてるなぁ〜」と思えます。

国語が得意な人は、比較的自分の言葉が出やすいかもしれませんね。
また、本をよく読む人も「表現方法」を本の中で学んでいると思います。

璃都さんは本が好きなのですかね?(^^)

ところで、「クソ」がつくほど真面目な自閉症スペクトラムの人ならではだなぁ、と思ったのが、目を合わせすぎるってところです(^^;

【言われたことを、きちんと守る】を徹底した結果ですねぇ、ははは。
それ、ネタにいただきます♪
Posted by Whereabouts長谷 at 2017年11月18日 07:03
コメントと記事ありがとうございました.
いつもわたし長文でごめんなさい、伝えたいこと凝縮できなくて.

国語! 得意でした(過去形w).
チェック項目に「想像するのが苦手」がありますがわたしは逆で、ものごころついたときにはすでに本を読んでいたので、昔から登場人物や情景を自分なりに描けており、語彙力もあるほうです.
以前も書きこんだように、6時間半でノンストップ600頁だったり、1日に3冊読んでみたりするので、語彙や表現力はつきますね☆
読書ってやっぱり重要要素かも☆(*^_^*)

*

「くそがつくほど真面目」って今の職場でも言われましたww
接客業と、ピッキング、職場での言葉遣いが違うんですよね.苦笑
だから場にそぐわない発言をしてしまうことが多多.笑
「これそっちに置いて」に「はい」でなく、「かしこまりました」って言っちゃうのですから.
場面場面に応じた言葉遣いも難しい(・ω・)くうっ

*

記事後半の視線と女性の話に笑っちゃいました☆笑(^o^)
よほど印象的だったんですねーw
Posted by 璃都 at 2017年11月18日 19:54
璃都さん

小学生くらいまでに、どのくらい力を入れたかによって
国語の偏差値って決まるそうです。

璃都さんも小さい頃から「本の世界」で
鍛えられたのでしょうけれど、その入り込み方が
か…過集中www
すごすぎるっ!!!(^^;
それも能力ですよね。尊敬します。
私はどちらかというと散漫な方ですからw

「かしこまりました」のくだり、笑っちゃいました。
その場にいたら間違いなく突っ込んじゃいますよw
でも、切り替えってホントに難しいと思います。
頭の中に、二つのシナリオを用意しておかないと、ですかね〜。
Posted by Whereabouts長谷 at 2017年11月19日 04:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: