2017年11月22日

薬だけでは解決しない


カウンセリングを受けられる
お客様の話を伺っていると

うつ病や不安障害とは別で
性格や傾向の中に
発達障害の「気」を感じることが
意外と多いです。

もちろんそうでない人も
カウンセリングを受けられますし
当ルームが
スキルトレーニングをやっていることすら
知らないお客様もいらっしゃいますが。

例えば、
悩みを伺う中で
自分の苦手なことや
職場でのトラブルの詳細などの
エピソードが入ってくると
そのタイミングで
気づくことが多いです。
161-hospital-illustration.jpg
ちょっと話は変わって
アメブロの記事どおり
精神科や心療内科で
発達障害の診断を受けた人たちは
未だトレーニングに結びつかず
困っている人たちだらけ。

どう対処されているかというと
「うつ病に対する薬」や
「不安障害に対する薬」だけ
処方されて服用し、
毎日を乗り越えています。

だけど、それだと
【スキルは改善しません】

だから、薬をやめたら
【再び同じことの繰り返し】
となってしまう可能性が高いです。

それでも、
少しずつですが
【コンサータ等を
   取り扱う病院が増えた】
のは、嬉しいことです。

薬でコントロールして
自身を落ち着かせるところまでは
できるようになるということです。

でも、
【スキルは習得できません】

なぜなら
発達障害の人たちは
【根本の考え方が特殊だから】
何をどう改善すれば
誰にどんなふうに合わせれば
いいのかが分からないから
【課題を見つけられない】のです。

結局、
【トレーナーが必要】なのですよね。

トレーナーとまでいかなくても
【側で支えてくれる人】
必ず見つけておいてほしいです。

なかなか見つからなければ
当ルームへどうぞ(^^)
宣伝しちゃったw
posted by whereabouts長谷 at 07:34| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: