2017年11月28日

捨てるものと守るもの

アメブロ元ネタはこちら←

アメブロでは、ブログを整理しようね
という内容のことを書いたのですが
実際に読者の方からの要望で
【過去に遡って読むことが少ない】
と言われたことがあり、また、
【同じ内容でも再度書いて欲しい】
ということを
お願いされたことがありました。

そこで私が感じたのは
【まとめて読むより
  小出しで日々の積み重ね】
     ↓
【心の栄養になりやすい】
ということでした。

特に発達傾向を持つ人は
【一度に大量の情報提供を
     されることが辛い】
ということが考えられるので
【読み手の立場になれば】
ごもっともだな、と思いました。

さて、整理というワードから
発達傾向の人の中には
・片づけられない
・物が捨てられなくて多い
・モノに執着する
といったタイプが多く
【整理整頓が苦手】という
人ばかりです。

モノに執着する
【自分の思い】
大切にしている
ということもあります。

そのため、部屋の中は
足の踏み場もないくらい、

散らかってはいないけど
廊下にまで物が大量に
積み上げられている

といったことが起きています。

この問題を解決するには
【一つだけ
  こだわっていいもの】
決めるというのはどうでしょう?

例えば、ん〜…私の場合、
心理系の本がたくさんあって
もうすぐ移転だから捨てたいけど
勉強しなくちゃいけないから無理。

なので【本だけは】
残したいものを残す。
032-colorful-illustration.jpg
その代わり、趣味で残しておいた
【書道の道具などは処分】です。

諦めがつかない自分に
言い聞かせた言葉は
「必要なときに
  100円ショップで買えるから」

それから、洋服の場合
1〜2年着ていないものが
処分の対象ですが、
大好きな服だけは
【1着だけ残す】という感じです。

こういった感じで
【100%捨てるのではなく】
「大事」「ちょっと大事」「これ大事?」
レベルに分類して
整理整頓に取り掛かりましょう。

全てを失くすのは
【自分の思いがなくなる】
ような感じがして
とても淋しくなります。

だから、一つ残して
【自分の思いを大事にしつつ】
あとはキレイさっぱり、
という方法が役立つと思います。
posted by whereabouts長谷 at 07:44| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: