2017年11月30日

10分の無駄が成功につながる


…急がば回れ、とは
よく言ったものだ。。。

記事内容を読んで
懐かしいな〜、と思ったり
成長してねぇなぁ〜www
とか思ったり(^^)

はい。
今朝も寝坊しましたよ。
まぁ、高校生にもなると
宿題量がハンパなくて
夜中まで起きているせいですが。

中学生の頃とは
ちょっと違うので
静観しています。

ところで、
記事内容のとおり
焦っているときほど
【メモを増やす】ことは
その日一日に
大きく影響する
可能性があります。

特に、
発達障害の傾向を持つ人は
【計画を立てるけれど
  達成できないことが多い】
タイプの人ばかりで
達成感を味わう以前に
【また失敗した】という
経験を頻繁に積み重ねています。

だけど、中には
【メモの時間がもったいない】
【メモするのが面倒】
といった理由から省略して
一日を始める人もいますよね。

そしてまた、
同じことを繰り返してしまいます。

そういった人たちは
【自分の信念】
過剰に大切にしていて
【とても頑固な人】に見えます。

それが自身を苦しめる
原因になっている人も
少なくないでしょう。

もし、似たようなことで
あなたが悩んでいるのだとしたら
【一度、騙されてください】

メモをするという
【10分の無駄な作業が】
その日一日の
【流れを変化させる】ことに
気がつくことができると思います。
010-arrows-free.jpg
中には、
劇的に変わった人もいますし
失敗した人もいます。

もし、失敗したのだとしたら
【メモの方法の見直し】が
必要になります。

そこは、誰かと一緒に
取り組むことをお勧めします。
posted by whereabouts長谷 at 07:44| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: