2017年12月09日

相手との距離感

20代、30代の人たちの多くが
【人との距離感に
     悩んでいます】

例えば、昔は悩み事などは
友だちに相談するのが
当たり前のことでしたが
今はそうではありません。

・友だちに迷惑をかける
・暗い話は良くない
・友だちまで悩ませてしまう

こういった理由から
本音を打ち明けることを
避けるケースがかなり多いです。

それから、
アスペルガータイプの人が
抱える問題として

誰かと仲良くなったとき
【その人のことしか
   目に映らなくなる】ため

・急激に距離を縮める
・ずっと付きまとう
・相手の気持ちを考えられない

こういったことに
つながってしまいやすく、
相手に負担をかけてしまい
【あっさり嫌われてしまう】
というケースが多いです。

1対1の付き合いとはいえ
【同時に色んな人と
   付き合うのが苦手】
なのかもしれません。

相手を気に入ったことにより
【相手にこだわり始めた】
かもしれません。

いずれにせよ、
好かれた方は最初は嬉しくても
【だんだんと重荷になります】

そして相手のほうから
離れていってしまいます。

ADHDタイプの人でも
急激に距離を縮めますが
アスペルガータイプとは
ちょっと違います。

このタイプの人では
【新しいもの好き】
といったことが多く、
【知りたくなる】願望から
距離を縮めてきます。

そして、
納得できるくらい吸収したら
【あっさり飽きてしまうので】
自分から突然
音信不通になるなど
やはり良好な人間関係が
築きにくくなります。

一見、【広く浅く】
このパターンで感じられます。

この解決方法は
個別に考えないと難しいですが

【相手には他の友達もいる】
【他の予定もある】
ということを忘れないこと、
仲良くなり始めたら
【付き合い方を話し合う】
ということが大切ですね。
462-free-pictograms.jpg
posted by whereabouts長谷 at 07:28| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: