2017年12月24日

幼少期から取り組みたいこと


大人になった今、
自分の気持ちや状況を
分かりやすく言語化して
伝えられない人が多くいます。

だいたいの人が
その問題を克服するよりも
黙って聞き役に回ります。
そのほうが
自分の欠点がバレませんし
【おとなしく控えめな人】とか
【優しい人】などと思われ
得をすることもありますし。

ただ、やっぱり深い話になったら
言葉が出てこないので
自分自身が困ったりするものですよね。

それだけじゃないのです。
そのタイプの人の子育ては
【子供の考えを尊重して】
子供に任せることが多くなるかもしれません。

それは本当は、大人の方の
【自分の言葉が見つからない】
というもともとの問題が
影響してしているのだと言えるのです。

これは、私の体験談でもあります。
あまり詳しくは書けないのですが
(本人の名誉もありますから)
結婚してから
これまでの謎の大半が
解決したときに分かったことでした。

だから私は
子供とたくさん話そうとしました。
頭が悪いなりに自分の考えを伝え、
子供の考えを聞き、
妥協点はどこか話し合いました。

その結果が良かったかどうかは
まだ途中過程なので分かりませんが、
【話していて楽しい人】として
子供が存在しています(^^;

冗談が言える、ウソもつく、
難しい話ができて自分の気持ちも言える。

思春期なので
色々ありますけどねw

ですから、
子育て中の大人たち、
子供に関わる大人たちにも
試してみて欲しいと思います。
c009b2a4c2b0dd9531811de9e7052cea_s.jpg
子供は順応性が高いので
子供にとっての
【自分の気持ちが分かる人】
になることができれば、
たくさん色んな話をしてくれますし

そこにさらに質問を加えて
【子供の考えを聞く習慣を】
早いうちからつけておくことが
将来の役に立つと思いますよ(^^)
posted by whereabouts長谷 at 10:06| Comment(0) | 子育ての参考に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: