2017年12月30日

人の話がおもしろくない

特にアスペルガータイプの人は
周囲の人が何かの話題で
盛り上がっているとき
それをちょっと聞いていても
【何が面白いのか分からない】
という気持ちになりやすいです。

そのため、
集団に紛れていても
みんなと同じタイミングで
笑うことができないし
自分だけが冷たく感じて
疎外感を味わったりしています。

その理由の一つに
【気に止まるポイントの違い】
があります。

例えば、
これは面白い話ではないですが、
誰かが
お財布を落としたとします。

そうすると一般的には
・交番に問い合わせたか?
・どこで落としたか?
・カード会社には連絡したか?
といった重要な部分に
焦点を当てて話を聞きます。

でも、
アスペルガータイプの人は独特です。

・何色の財布か
・何円入っていたか
・誰にもらったか
など、なくなったことに対する
重要な疑問よりも
【個人の興味の部分】
焦点を当てがちになってしまうので
どうしても周囲の人と
共感する力が不足してしまうのです。

こういったときに
「何で今そんな話をするの?」
などと周囲に注意されたり
冷ややかな目で見られてしまいます。

では、話を戻して
誰かが楽しい話をしているときでも
【面白い点は興味なく】
【個人的興味に集中するので】
その話の面白さが分かりません。

さらに、面白さが複雑すぎると
【理解速度が落ちる】ので
同じタイミングで
感じることが難しいのです。
567-free-cg.jpg
その分、理解しやすい
【シンプルな笑い】では
一番素直に面白がったり
することができます。
(オヤジギャグとか)

その辺の温度差が
発達側にも定型側にも
伝わりあってしまうので
なんとなく
距離感ができてしまうのですよね。

でもそればかりは
【仕方のないことです】
発達傾向があって
面白い話を言えないし
聞いても面白くないのは
【当事者の感性です】

それについて責めても
仕方がありませんし、
改善できるものでもありません。

そういったときは
【無理に集団に入らず】
他の部分での楽しみや
歓びを見つけてみてはどうでしょうか。


posted by whereabouts長谷 at 10:01| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: