2018年01月15日

それは自分が変わりたいと思っている証拠


いつもお伝えしているように
発達障害の傾向を持つ人は
・想像力が弱いので
・相手の立場に立つのが苦手で
・主観が先立ってしまい
・思い込みが発生しやすい
ということが多いです。

そして人間関係などで
長年苦しんでいる人は
【いつも周囲の人間を
    チェックしている】
と考えられます。

そして
幸せそうな人を見つけては
自分と比べてしまい
【毎日が嫉妬で
   支配されています】

その嫉妬心をなだめるために
幸せそうな人の
【アラ探し】を始める人も
少なくありません。

どうしても、
誰かの【表面上にとらわれて】
悲観してしまいます。


それで、発達傾向に関わらず
どんな人にとっても
【嫉妬は苦しいです】

時々冷静になると
そんな自分が嫌になりますし
自分が酷い人間に
思えることもあるでしょう。
351-free-pictograms.jpg
だけど、
【この感情も人間だから】
感じるものであって
自分が生きている証拠です。

嫉妬によって
周囲の人間を敵視したり
孤独になることは
とても悲しいことですが
【嫉妬の感情は
  誰もが持っている】
ものです。

自分を責めたり
嫌いになったりする前に
生きていることを感じて
その次に
【どんな自分を目指せば】
その感情が消えるのかを
じっくりと考えることで
徐々に解決していけるものです。

そのとき注意が必要なのは
【誰かより勝りたい
    基準は捨てる】ことです。

嫉妬では、
対象となる人物がいるものですから
つい、その人の上を
目指そうとしがちですが
他人と比べても
後々良い傾向には繋がりません。

嫉妬から
誰かを陥れるのではなく
嫉妬を感じた時は
【自分が変わるとき】だと
認識できるといいですね。
posted by whereabouts長谷 at 13:17| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: