2018年01月17日

プラス感情を共有しよう


自分に自信を持つためには
・やれたという達成感
・成功したという喜び
といったものが
成長に役立ちます。

だけど失敗続きだったり
成功を他人分かち合えなかったり
マイナス感情が働くと
達成感や喜びは激減します。

そして
マイナス面ばかり気になって
【自信喪失】につながります。

特にアスペルガータイプの人は
【他人との共有が苦手】なので
自分の喜びなどについて
共感してもらうことが
難しいかもしれません。

また、人の成功や喜びを
【感じるのが苦手】
心から共感できないかもしれません。

発達障害の傾向がなくても
自分の不幸が気になってしまえば
人の喜びに対して
【嫉妬心しか生まれない】
かもしれません。

そんなときは、
【全部を認めなくてもいい】
考えるようにしてください。

部分ごとに、
「その点は良かった」と
相手を認めるようにしてみてください。

また、
【一般的には…】の基準で
「良かったね」「うまくいったね」と
共有しても良いと思います。

何もかもを
【相手と同じ
  感情にしなくても
      いいのです】

そうすることで少しずつ
人の喜びが
自分の喜びに変わったり

自分の喜びを
人に共有してもらうことができ

【自信回復につながります】
388-sports-illustration.jpg
posted by whereabouts長谷 at 10:49| Comment(0) | 心の健康を保つ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: