2018年01月20日

回避グセ


人付き合いが始まって
新しいご縁に喜びながらも
・なかなか距離が縮まらない
・なぜか遠ざかってしまう
・友だちの定義が分からない
といったことに
悩む人たちがいます。

その中の一例として
今回お伝えするタイプの人は
【自分を知られることを怖れる】
タイプになります。

これについて
発達障害のカテゴリに入れましたが
自信がないという点では
【定型発達でもあり得る】ことです。

例えば、
初対面で一般的な会話が成立すると
好印象の相手となら
私たちはもっと仲良くなろうとします。

何度も色んな会話を繰りかえして
お互いを知り、信頼関係を形成し
長年の付き合いになります。

だけど上記のタイプの人は
【ある一定の距離が縮まったら】
それ以上は近づけません。

その理由は
自分を詳しく知られることで
・否定的に見られるかも
・嫌われるかも
・変な噂を流されるかも
というような気持ちに
なってしまうからです。

なぜそんな気持ちになるのかというと
【自分が自分を嫌いだから】です。

もちろん
好きな部分もあるでしょうし
自分なりに誇れるところも
持ってはいるでしょうけれど

他人に知られる部分については
【自信を持てないため】
これ以上の距離を縮めるなら
【逃げてしまおう】とします。

だけど
【相手のことは
  やたら知りたがる】
傾向を持っています。

このバランスの悪さが
【友だちの定義を
   分からなくしている】
とも言えるのです。

人と自分が違うことを
ずっと恥ずかしいと思い
隠し通そうとしてきた人は
このように
【心のバランスを崩しています】

この心の回復には
やはり人の心が必要で
【多数派を見ない】ことが
ポイントになります。

多数派は目立つので
誰もがつい目を奪われるものです。
m20160707-540x360.jpg
【目の前にある
  小さな花にも気付かずに】
遠くのヒマワリを眺めるような
そんなイメージです。

色んな花があるように
人間も色々なのですから
相性の良い相手と
分かち合えるといいですよね(^^)
posted by whereabouts長谷 at 08:44| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: