2018年01月23日

食べ方にも影響する

発達障害の傾向を持つ人は
【計画を立てるのが苦手】です。

例えば、
期限までにどういうふうに
企画を考えて進めていくか、
試験当日までに
何から勉強していくかなど

【目標までの
   道のりが分からなくて】
結局うまくいかなかった、
という人は少なくありません。

それは、タイトルの通り
【変わった食べ方】として
現れることもあります。

例えば、サラダ。
サラダってトッピングがありますよね。
生ハムとかロースとビーフとか…。
そして、野菜とバランスよく
食べていくじゃないですか?
35-1-537x360.jpg
それが、
発達傾向の人が言うには
【バランスが分からない】
らしいのです。

私たちは
おかずとゴハンを
口の中に入れて食べますが、
そのときに
味が薄かったり濃かったりを
調整しながら食べますよね。

これを【口内調味】と言いますが、
発達傾向の人たちの中には
味覚過敏だったりして
【口内調味が苦手】な場合もあるし

【全体量を把握して
  比率を決めるのが難しい】
といった場合もあるのでしょうね。

だからやっぱり
【取り分けスタイルが
    オススメではない】
と、言えるのです。

つまり、
【一皿に一種類】形式が
当事者にとっては
一番ラクな食事方法なのでしょう。


それでも、
大勢で食卓を囲むとき
【取り分けを見せる】ことも
大切ですよ。

情報を
【視覚から取り入れて】
覚えていくことで
【少しずつ克服】できます。
posted by whereabouts長谷 at 08:38| Comment(0) | 発達障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: