2018年01月27日

手首足首の悩み

発達障害の傾向を持つ人は
【体幹が弱い人が多く】
真っ直ぐ立っていられない
じっと座っていられない
といった悩みを持つ人も
結構多く存在します。

本人の自覚がなくても
周りから見ると
落ち着きがなかったり
イライラしているようにも
感じられます。


それとは別に、
【不器用さが
   手首足首に出ます】

色んなタイプの人がいますが
全般的に
【固く融通が利かない】
イメージです。

そのため、
・手首を使う球技が苦手
・長距離は速いのに短距離が苦手
・ジャンプが不自然
などといった苦手があります。

日常の生活においても
手首が固いので
ペンの持ち方がおかしかったり
手首が妙な角度に傾いていたり
不自然に見えてしまいます。


この対処法は
【日ごろからストレッチ】
するように心がけることです。

発達障害の傾向を持つ人たちは
【体の感覚を
  把握するのが苦手】です。
203-free-pictograms.jpg
日ごろからなるべく
体の【色んなところを動かし】
確認しておくと
少しずつ改善できる可能性がありますよ。
posted by whereabouts長谷 at 10:09| Comment(2) | 発達障害
この記事へのコメント
こんにちは!さぶいさぶい!
インフル警報も、やばいですが大丈夫ですか?

記事とは、ずれますが、わたしはときどき歩き方がわからなくなるときがあります.
軸がわからないとか姿勢がぉかしいのではとか、足の出し方はどうだっけ合っているのかなって.
歩くってなんだっけみたいな(*_*)

「体幹」って言葉から浮かんだコメントでした☆笑
むしろ「体感」かなぁ?
ずれてごめんなさい!(*_*)

ちなみに長谷さんは閉眼片足だち30秒をできますか?笑
あれなかなかむずかしいですよww
Posted by りと at 2018年01月29日 15:28
璃都さん

インフル…最中ですよ(^^;
ですが軽症なので仕事してます。w

璃都さんの言われている感覚は、
専門医に教えてもらったことがありますよ。

前にも記事にしたかもしれませんが、
本日のネタにさせてください!

片足立ち?
もうおばさんだから長らくやってないしなぁ。笑。
運動神経は鈍いほうではなかったので、
昔ならできたと思います(^^;
Posted by Whereabouts長谷 at 2018年01月30日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: