2018年02月12日

理想は自分だけのもの

2月に入り、
毎年恒例のイヤイヤ期が
やってきております。

…子供か!!!
と自分で思いますが、
ホントにやりたくない…
確定申告www

しかも、これも毎年恒例で2人分。

ブログ更新が
滞ってしまってごめんなさい。
がんばりますね(^^;


さて、タイトルの
「理想はじぶんだけのもの」に
ついてですが

私たちは自分の中に
理想を持っています。

その理想が
自分も他人も
【評価基準になります】

理想が高すぎれば
自分の能力を低いと感じますし
理想が低ければ
ささやかなことに
幸せを感じられます。

その理想は
【こうあってほしい】という
感情が強くなることによって
相手に押し付けてしまう
場合もあります。

そうなると
人間関係に亀裂が生じやすいので
もしもそんな自分に気づいたら
一旦落ち着いて考えてみてください。

私に理想があるように
あなたにも理想がある。

自分だけが
理想を持っているわけではないし

【他の人の理想は
    自分とは違う】

そこに「相手を思えばこそ」の
理想があったとしても
それは【自分の価値観】
相手が望まないものかもしれない。

だから、
適度に理想を見せたとしても
【強引に押し付ける
    ものではない】
ということを
今一度、心に刻んでおきましょう。

相手を好きになるほど
相手を幸せにしたいと思うほど
【理想の押し付けが強くなる】
という反比例的な公式が
人間の心には存在します。

それほど
大切な人がいることは
すばらしいことですね。
408-free-pictograms.jpg
だからこそ
【相手を思いやる】心は
忘れたくないものです。

思いやりと理想の押し付けを
【同一視しないことが】
円満な人間関係作りの
ポイントの一つですよ。
posted by whereabouts長谷 at 08:46| Comment(0) | 人間力アップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: